家計診断について - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

家計診断について

2013/08/25 10:23

ゆきっこさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、
渡辺と申します。

『多くの先生の意見を参考に、夫婦で話し合いたいと思っています。』
につきまして、

ご夫婦の2人合わせた手取り月収金額に占める住宅ローンの負担割合は、
ボーナス分も手取り月収金額に按分した場合、
21.6%ほどとなりますので、

住宅ローンの負担が家計を圧迫している水準ではありません。

また、他の支出項目も確認いたしましたが、
特に過剰と思われる支出項目は見あたりませんので、

ゆきっこさんの場合、
家計はしっかりと管理されています。

尚、過剰と思われる支出項目をあげるとすれば、
小遣いにつきましては、手取り月収金額の10%ほどをひとつの目安としますので、
ご主人様の小遣いにつきましては、
削減の余地があるかも知れません。

また、家計を圧迫している大きな要因としては、
車ローン2万円があげられますので、
車ローンにつきましては、
ボーナス分を繰り上げ返済資金に充ててでも、
少しでも早く返済することで、
毎月の赤字も解消できると思われます。

尚、住宅ローンにつきまして、
ボーナス返済分を毎月の返済に戻すと、
毎月の負担が増えてしまうことになりますが、
住宅ローンのボーナス分の負担がなくなりますので、
緊急予備資金など、家計にゆとりがうまれることになりますので、
頑張ってみてはいかがでしょうか?

仕事を辞めて二人目のお子さまをお考えになる場合、
家計の見直しを行ったうえで、
どれくらい家計にゆとりが生まれるのかを確認したあとから、
もう一度ご検討されてはいかがでしょうか。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄
http://www.fpreal.jp/

家計診断
家計
住宅ローン
家計見直し
ボーナス

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

どうしたらいいですか?

マネー 家計・ライフプラン 2013/08/17 21:33

現在夫33歳、妻26歳、子供2歳の3人暮らしです。
二人目が欲しいのですが、妻が仕事をやめると赤字になってしまうので2人目は厳しいでしょうか?

夫手取り21万
妻手取り 8万

子ども保育料2.5万
食費 3〜4万
… [続きを読む]

ゆきっこさん (北海道/27歳/女性)

このQ&Aの回答

お二人目のお子様につきまして 藤 孝憲(ファイナンシャルプランナー) 2013/08/18 16:13

このQ&Aに類似したQ&A

子供が産まれますが、ギリギリの家計で心配です shimakoさん  2008-09-12 13:41 回答3件
リストラで収入が激減、赤字で今後が不安です M4431さん  2010-03-19 08:05 回答3件
高齢夫婦の子供の教育費出産は可能か nunuさん  2009-01-23 16:32 回答5件
家計診断お願いします。 QP2さん  2016-08-31 00:47 回答1件
家計診断お願いします ゆきっこさん  2013-03-26 10:09 回答1件