相続を原因とする所有権移転登記(相続登記)をします - 高島 一寛 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

相続を原因とする所有権移転登記(相続登記)をします

2013/08/06 13:55

はじめまして、司法書士の高島一寛と申します。

ご質問のケースで家の名義変更をするには、
「相続を原因とする所有権移転登記」をおこないます。

この手続きのことを一般に「相続登記」といっています。

お父様が遺言書を残しておらず、かつ、法定相続人が2名以上いる場合には、
相続登記をするにあたって、相続人全員の合意を得る必要があります。

上記合意の存在を証するものとして、相続人全員が署名押印(実印)し、
印鑑証明書を添付した遺産分割協議書が登記手続きの必要書類となります。

他にも、被相続人であるお父様についての
出生から死亡に至るまでの戸籍謄本なども用意しなければなりません。

これは、遺産分割協議書に署名押印しているのが、
相続人の全員であることを公的書類によって証明するためです。

このように、相続登記をするためには数多くの書類などが必要となり
相続人ご自身がおこなうのは難しいので、
通常は不動産登記の専門家である司法書士に依頼することになります。

その場合、遺産分割協議書の作成や戸籍謄本などの収集も含めて、
すべての手続きをまかせることができますので、
まずはお近くの司法書士にご相談なさることをお勧めします。


ご参考: 相続登記(高島司法書士事務所ウェブサイト)
http://www.office-takashima.com/gyoumu/souzokutouki.htm

司法書士
不動産登記
遺産分割
相続

回答専門家

高島 一寛
高島 一寛
( 千葉県 / 司法書士 )
高島司法書士事務所 代表 司法書士
047-703-3201
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

個人のお客様を大切に。親切ていねいな接客を心がけています。

2002年の開業当初からインターネットホームページを開設することで、個人や小規模企業者からのご相談を多数いただいてまいりました。その豊富な経験に基づいた、分かりやすく親切ていねいな接客が、私の最大の強みだと自負しております。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

共同名義の父が死亡

住宅・不動産 住宅・不動産トラブル 2013/08/06 12:42

質問致します。
実父と共同名義の家がありますが、父が亡くなりました。名義を私のみにしたいのですが、どうすればよいでしょうか?

あぱっちさん (大阪府/52歳/男性)

このQ&Aの回答

共有名義の不動産の名義変更について 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2013/08/07 10:12

このQ&Aに類似したQ&A

生前贈与の権利と、死後の対策 kirikomasakoさん  2015-11-08 12:17 回答1件
親に家を奪われました エリナさん  2014-10-16 08:10 回答1件
契約解除できますか aonaさん  2013-11-20 12:10 回答2件
叔父の名義になっている祖母の家を取り戻したい ふっちゃん99さん  2013-08-18 02:29 回答1件
住宅の遺産相続について kazusaさん  2013-04-27 03:38 回答1件