おそらくは根尖性歯周炎だと思われます。 - 飯田  裕 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:一般歯科・歯の治療

飯田  裕 専門家

飯田  裕
歯科医師/医学博士

- good

おそらくは根尖性歯周炎だと思われます。

2013/08/05 13:03

 以前に治療歴のある歯で、熱感と鈍痛があり、「叩くと響いて痛い」ということであれば、おそらくは根尖性歯周炎(=根の周囲が炎症を起こしている状態)と思われます。押したり、叩いたりして根っこの方向に負荷が加わると、かなり痛む状態であれば間違いありません。
 根尖性歯周炎の場合、歯髄(いわゆる歯の神経)は腐って死んでいるはずです。歯の内部をバイ菌が進んで、根の先から周囲の組織を侵し始めると上記のような症状となります。根の周囲に膿が溜まったりすればレントゲン写真でも確認できますが、初期の段階ではわずかな変化がうまく写らない場合もございます。
 逆に申し上げれば、根の周囲が化膿しているのに、内部の歯髄が健全な状態というのはありえないシチュエーションですので、神経が菌にやられている可能性は高いと思われます。

 従って治療法としては、バイ菌が原因で炎症を起こしているはずなので、抗生剤(化膿止め)である程度バイ菌をやっつけて炎症を抑えたのち、死んでいる歯髄を取り除いて根の内部を消毒・洗浄する(=根管治療)が必要です。

 近頃はテレビなどの影響なのか「歯の神経を抜きたくない」とおっしゃる患者さんが多くおられますが、我々の立場からすると、歯髄を取り除く処置はかなり面倒なので(失礼!)、できれば避けたいのが本音です。元々私たち歯科医師は、必要のない治療を患者さんに勧めたり、保存できる神経や歯を無意味に抜くことはないはずです。
 また、ちゃんとした歯科医師が根管治療を行えば、神経を抜いても実生活上で何ら不都合・不快感はないはずで、仮に神経を抜くことになったとしても、過剰に心配なさる必要はないと思いますよ。お大事になさいませ。

つくばオーラルケアクリニック http://www.tsukuba-occ.com/
facebookページ http://www.facebook.com/tsukuba.occ

歯科
歯の神経
治療

回答専門家

飯田  裕
飯田  裕
( 茨城県 / 歯科医師 )
つくばオーラルケアクリニック 開設管理者/院長
029-879-5255
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

患者さんの性格や体質に合った「オーダーメイド治療」を提供

インプラント治療では、患者さんの身体的負担を軽くするため、シンプルな治療法の採用、短時間でダメージの少ない手術を実践しています。完全予約制による丁寧な診療と、近隣医療機関との緊密な連携、充実した検査体制で安全性の高い医療を提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

歯の状態について

心と体・医療健康 一般歯科・歯の治療 2013/08/05 00:23

こんばんは。
お世話になります。
3日ほど前になるのですが、ふと気付くと上前歯4本あたりに熱を持ったような鈍痛がありました。
特定の歯ではなく、じわっと全体が痛い感覚でしたが、激痛というほどでもなく、普通… [続きを読む]

秋生さん (東京都/31歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

長引く根尖治療について ドラミさん  2008-07-20 03:10 回答1件
神経壊死の歯の治療 kiwimitziさん  2009-04-23 00:44 回答4件
39歳 過剰歯があり痛み 大人でも生え換わる? 広報担当さん  2009-04-17 16:14 回答5件
歯根治療後の顔面感覚麻痺症状について こーたくさん  2008-03-31 14:34 回答1件