手元資金1000万円について - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

手元資金1000万円について

2013/07/19 09:58
(
3.0
)

静子さんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、
渡辺と申します。

『素人考えで住宅ローン減税の恩恵を受けられるうちは繰り上げ返済せず、
一年の定期預金で良いのかなと思うのですが、専門家のご意見をお聞かせ下さい。』
につきまして、

まず、住宅ローン減税の適用要件のひとつに、
返済期間が10年以上残っていること。となりますので、
繰り上げ返済を行っても返済期間として、
10年以上確保できていれば住宅ローン減税は引き続き受けられることになります。

また、1000万円の手元資金につきまして、
繰り上げ返済のための資金に充当するか、
あるいは定期預金などで運用するのかにつきまして、
住宅ローンの借入金と預貯金金利のどちらの方が高いのかも確認してください。

多くの場合、住宅ローン金利の方が預貯金金利よりも高くなりますので、
繰り上げ返済資金に充てた方が効果的となります。

静子さんの場合は特にご主人様の年齢が53歳ということもあり、
住宅ローンをご主人様が定年を迎えるまでに完済、
あるいは返済の目途をたてられるようにしておいた方がよろしいと考えますので、

1000万円の手元資金につきましては、
繰り上げ返済のための資金に充てることをお勧めします。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄
http://www.fpreal.jp/

住宅ローン
返済
貯金
ローン

評価・お礼

静子 さん

2013/07/19 10:23

渡辺先生、ご回答ありがとうございました。

>住宅ローン金利の方が預貯金金利よりも高くなりますので、
 繰り上げ返済資金に充てた方が効果的となります。

との事ですが、確かにローンの金利>定期金利ですが
住宅ローン控除の場合ローン残高の1%が減税(納めた税金がかえってくる?)と理解しております。

ですので、税金の戻り分(1%)>ローン金利(0.65%)>定期金利
となり、ローンの金利が1%を超えるまではこのまま繰上げ返済しなくても・・・と考えておりました。

上記理解が間違っているのであれば、今回質問した余裕資金1000万の他に保険・来年満期の定期合わせて1000万ありますので住宅ローン減税の恩恵を受けずに完済を最優先で考えようと思います。

渡辺 行雄

2013/07/19 10:34

静子さんへ

お返事いただきありがとうございます。

手元資金1000万円の使途につきまして、
私の書き方が悪かったようです。

静子さんへのアドバイスとして、
住宅ローン控除の適用範囲内で、
繰り上げ返済を行ってはどうですか。
ということです。

これからも分からないことがありましたら、
ご相談ください。

リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

貯金それとも繰り上げ返済?

マネー 住宅資金・住宅ローン 2013/07/18 14:11

お世話になります。
こちらのサイトではいつも勉強させていただいております。

今回は、手元にある1000万をどうすべきかアドバイスいただきたいと思います。

主人53歳会社員。
給与所得と不動産… [続きを読む]

静子さん (静岡県/50歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

住宅ローンの返済が可能でしょうか kurukurusanさん  2014-09-10 20:37 回答1件
住宅ローンについて ぺこりっちさん  2013-06-15 21:29 回答2件
住宅ローンについて 過去借金あり nerusonn50さん  2013-04-01 14:48 回答1件