建物は財産分与による所有権移転が可能ですが - 高島 一寛 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:法律手続き・書類作成

建物は財産分与による所有権移転が可能ですが

2013/07/18 09:47

はじめまして、司法書士・ファイナンシャルプランナーの高島一寛と申します。

不動産登記の専門家である司法書士として、土地・建物の名義変更についてご説明いたします。

まず、土地・建物の名義変更をするためには、その不動産の「所有権」が何らかの原因により移転する必要があります。

所有権が移転する原因としては、売買、贈与、相続、財産分与などがあります。

建物については、ご主人の合意が得られるならば、離婚にともなう「財産分与」によって名義変更ができます。

土地については、ご主人の所有ではありませんから、財産分与の対象とはなりません。

そこで、名義変更をするには、義理のお父様から贈与を受けるか、または買い取ることになります。

贈与の場合、夫婦間の贈与などの特例を使えるのででなければ、多額の贈与税がかかるおそれがあります。

買い取るとなれば、実際に売買代金の支払いをする必要がありますが、
離婚時に財産分与または慰謝料として現金を受け取り、その代金で土地を買い取る方法も考えられます。

ただし、この場合でも税金の面で問題が無いか、事前に税理士等に相談するのがよいでしょう。

もう一つ注意すべきは、不動産の売買をするには当事者双方に意思能力が備わっていなければならないことです。

意思能力が不十分だと判断されれば、成年後見人の選任などが必要となります。

上記の通り、建物は問題ないとしても、土地の名義を変更するのは、なかなか簡単にはいかないかもしれません。

それでも一歩ずつ前に進んでいくために、まずはお近くの司法書士に相談してみるのが良いかと思います。


http://www.office-takashima.com/gyoumu/futou.htm
不動産登記(高島司法書士事務所ウェブサイト)

司法書士
不動産登記
財産分与

回答専門家

高島 一寛
高島 一寛
( 千葉県 / 司法書士 )
高島司法書士事務所 代表 司法書士
047-703-3201
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

個人のお客様を大切に。親切ていねいな接客を心がけています。

2002年の開業当初からインターネットホームページを開設することで、個人や小規模企業者からのご相談を多数いただいてまいりました。その豊富な経験に基づいた、分かりやすく親切ていねいな接客が、私の最大の強みだと自負しております。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

離婚による名義変更(土地と家が別の名義)

暮らしと法律 法律手続き・書類作成 2013/07/17 09:20

旦那の浮気により、離婚に向けていろいろ準備しています。

私は会社員、旦那は自営業(経営者)です。

離婚後は、こどもたちが学校を変わったりしなくていいように、今の家に住みたく、… [続きを読む]

あやぷさん (東京都/37歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

離婚時の取り決めは変更可能かどうかのご質問です リック2011さん  2011-01-17 15:56 回答2件
所有権登記の手続きについて up48822さん  2011-01-16 16:22 回答1件
自宅の名義変更について yayoyuyuさん  2011-01-14 11:07 回答1件
離婚と不動産の名義 シュナさん  2013-05-23 09:04 回答1件