アフターサービス基準に基づき補修してもらいましょう - 伊藤 裕啓 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
伊藤 裕啓 専門家

伊藤 裕啓
一級建築士

1 good

アフターサービス基準に基づき補修してもらいましょう

2013/07/15 10:58
(
4.0
)

住まいのe-相談室 建築士の伊藤です。

亀裂は240cmと大きいですね。
この亀裂がまっすぐ水平または垂直に発生しているのであれば壁下地ボードの継ぎ目が原因となっていると考えられます。このような亀裂は木造だけでなく鉄骨等、他の構造でも発生します。原因としては下地処理不足などもあるのですが建物の一部だけに発生しているものであれば、あまり心配されない方がよいでしょう。

補修に関してですが、住宅を引き渡された時に「瑕疵保証保険」に関する書類を受け取っておられませんか?近年は瑕疵担保履行法の施行によりほとんどの新築住宅は第3者保証を受けています。その中で「構造、雨水の浸入に関しては10年間保証」というのか皆さんよくご存知かと思います。その保証内容の中に「アフターサービス基準」という項目が設けらていることが多いので、その内容を確認してください。
おそらくどこの第3者保証機関であっても「内装(クロス)の著しいひび割れ」という項目が2年程度の期間で設定されていますので、それを基に施工者と話をしてください。
業者が対応しない場合は、保証会社の窓口に直接連絡すれば良いでしょう。

アフターサービス基準は法的な拘束力がないのでサービス期間を経過すると対応してくれない会社があります。かならず期間内に処理できるよう、早めに対処してください。

施工
相談
建築士
新築住宅
保証

評価・お礼

kanata0823 さん

2013/07/17 19:24

お返事ありがとうございます。
応じないとかいうことではないので業者にはやっぱり張り替えて欲しいと
お願いしてみることにします。

回答専門家

伊藤 裕啓
伊藤 裕啓
( 兵庫県 / 建築家 )
住まいのe-相談室(株式会社伊藤建築コンサルタント) 代表取締役

安心・安全・快適な暮らしのお手伝い

住宅購入、リフォームには高額の費用がかかり大きな不安を抱える事があります。私の仕事は、住宅購入やリフォーム計画時に消費者側にたって中立的・客観的な視線をもって計画の進行をお手伝いするものです。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

新築の壁紙に亀裂が…

住宅・不動産 新築工事・施工 2013/07/15 10:10

昨年10月新築の壁紙に亀裂がいっていて工務店にも連絡はしましたがどうしたら…

去年の10月の新築です。
いろいろ自分も忙しく発見からはだいぶ経ちます
発見は2月中ごろに階段横の手すりの上… [続きを読む]

kanata0823さん (奈良県/32歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

変形土地への建設と法的な問題について 1971takaさん  2010-08-03 12:20 回答5件
中庭のある家を検討中です tiara39さん  2015-11-16 15:55 回答2件
新築相談 じばにゃんさん  2014-06-10 00:26 回答1件
土地を譲渡して建物を新築する方法 sadasanさん  2016-04-12 20:56 回答2件
戸建住宅の室内建具の遮音扉について hanamarusanさん  2015-05-09 21:40 回答1件