過剰歯の抜歯の術式とその難易度 - 飯田  裕 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:インプラント・歯科口腔外科

飯田  裕 専門家

飯田  裕
歯科医師/医学博士

4 good

過剰歯の抜歯の術式とその難易度

2013/07/05 11:03
(
5.0
)

 こんにちは。つくばオーラルケアクリニックの飯田です。

 過剰歯の抜歯の方法ですが、これは一言で申し上げれば、ケースバイケースです。
 X線CTなどで事前に診査することになりますが、埋まっている深さや角度、過剰歯の大きさ、周囲の歯の歯根との位置関係などにより、最小のダメージで取り出せる(抜く)方向を検討します。今回は2本とのお話ですので、表側と裏側と両サイドからアプローチが必要なのかもしれません。また、手術に時間がかかりそうな場合や、局所麻酔では痛みを伴いそうな場合は、麻酔法として全身麻酔を選択した方が、息子さんが楽に手術を受けられるのではないでしょうか?

 患者さんの中には、全身麻酔=危険、局所麻酔=安全と思ってらっしゃる方もおられますが、実際のところ、全身麻酔の事故件数は多くはありませんし、逆に歯科医院における局所麻酔後の死亡事例の報告は、数年前にもございました。事前にちゃんと検査して、体調全般を把握した上で行う全身麻酔管理と、問診により患者さんからの自己申告のみで行う局所麻酔では、どちらが安全なのかは難しい問題ですね。よく担当の先生と相談して治療を進めていただきたいと思います。

つくばオーラルケアクリニック http://www.tsukuba-occ.com/
facebookページ http://www.facebook.com/tsukuba.occ

手術
過剰歯
歯科
治療

評価・お礼

ひみの さん

2013/07/05 20:51

回答ありがとうございます。
全身麻酔のほうが、かえって安全なのかもしれませんね。
主治医の先生とよく相談してみます。

回答専門家

飯田  裕
飯田  裕
( 茨城県 / 歯科医師 )
つくばオーラルケアクリニック 開設管理者/院長
029-879-5255
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

患者さんの性格や体質に合った「オーダーメイド治療」を提供

インプラント治療では、患者さんの身体的負担を軽くするため、シンプルな治療法の採用、短時間でダメージの少ない手術を実践しています。完全予約制による丁寧な診療と、近隣医療機関との緊密な連携、充実した検査体制で安全性の高い医療を提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

過剰歯の抜歯手術について

心と体・医療健康 インプラント・歯科口腔外科 2013/07/05 09:27

9歳の息子です。上の前歯部の1番の歯根付近に過剰歯が2本埋まっています。そのため前歯がねじれて生えています。1本は、前歯の後ろ(舌で触れる側)にあり、鼻のほうに向かって生えています。もう1本は前… [続きを読む]

ひみのさん (神奈川県/42歳/男性)

このQ&Aの回答

全身麻酔? 辻田 義展(歯科医師) 2013/07/05 09:57
過剰歯の抜歯について 井川 征博(歯科医師) 2013/07/05 11:04

このQ&Aに類似したQ&A

歯肉癌の術後ケアについて パオパオピンさん  2013-08-13 18:57 回答1件
インプラント治療時の歯科矯正について とこすけさん  2008-01-13 10:24 回答1件
口腔癌について 志田友美さん  2014-09-28 14:35 回答1件
顎関節症 ぱるる0707さん  2014-01-22 21:59 回答2件
インプラント後現在仮り歯 ぷるぷるさん  2013-08-29 15:32 回答1件