多角的に見て - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
松島 浩史

松島 浩史
飲食店コンサルタント

1 good

多角的に見て

2013/07/02 00:28
(
5.0
)

純粋に、飲食店の経営としてみた場合、お父さまが参画されることは間違っています。
小料理屋さんと野菜カフェは同じ飲食店とはいえ、全く違うコンセプトなので、お父さまのご意見に従うと、よほど柔軟な考えの持ち主でなければ、まず100%失敗します。
カフェというのは、他の飲食店と違う所は、「居心地」を売るビジネスです。
「美味しい」ことだけでは、全く片手落ちです。
競争の激しい昨今で、お客さまに100%向き合ってお店を経営したとて、うまくいくかどうかわからないのですから、身内に気を遣ったら、成功がおぼつかないのは明らかです。
ただ、pigeontoedbugさまが、色々とお父さまとぶつかることは、実は経営上大変良いことです。
ちゃんと考えていれば、当然ながら意見はぶつかり合います。
目の前の諍いは、穏やかではないでしょうけれど、長い目で見れば、成功のための通過点でもあると思います。

さて、経営面は度外視し、お父さまの人生を尊ぶのなら、お父さまの意見の通りやっていくべきなのかもしれません。
ご年齢を考えると、お父さまの性格がガラッと変わるわけでもありません。
pigeontoedbugさまがご自分の意見を言えばいうほど、対立点は消えることはないでしょう。
それを徹底的に避けて、いずれ、お父さまが口出しをしなくなった時がOPENと思って、腹をくくって辛抱することになります。


両極端の意見を述べましたが、私としましては、今回を機会に、お父さまとしっかりぶつかり合って議論したほうが、結果は良いほうに向かうと思うのですがいかがでしょう。

ビジネス
経営
飲食店
カフェ
料理

評価・お礼

pigeontoedbug さん

2013/07/02 14:03

早速の回答をありがとうございます。
2人とも店の将来をちゃんと考えているからこそ、ぶつかるのだと納得しました。
私のコンセプトと真剣度が父に伝われば、もう少し譲歩してくれるのかも知れません。
生粋の板前である父に、「カフェ」はふざけたものではなく、きちんとした
ビジネスなのだと分かってもらえるよう、もっと説明して、コミュニケーションを
取る様にしていきたいと思います。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

全て自己流の父と仕事をしていく不安

法人・ビジネス 独立開業 2013/07/01 16:13

よろしくお願いいたします。

両親が持ちビルで小料理屋を運営していたのですが、
身体が辛くなった事と経営難から、辞めたいと言い出しました。
そこで主人と私が引き継ぎ、野菜カフェとし… [続きを読む]

pigeontoedbugさん (東京都/38歳/女性)

このQ&Aの回答

ここは思い切って第3者を! 掛川 幸子(飲食店コンサルタント) 2013/07/02 00:38
お父さんとうまくやってゆく工夫 平間 雅之(リフォームコーディネーター) 2013/07/01 16:51
小料理屋と野菜カフェのすき間を埋めるために 中山おさひろ(起業コンサルタント) 2013/07/04 22:05

このQ&Aに類似したQ&A

家事代行サービスの事業を始めたいのですが orangeさん  2012-04-28 20:54 回答2件
開業届けの時期を逸した? ottsoさん  2008-03-22 01:43 回答1件
60歳すぎからの飲食店開業 はむたろうさん  2007-12-20 23:21 回答1件
タイ料理レストラン sawadeethaiさん  2013-07-08 02:15 回答2件
外国人夫と夫婦での個人事業起業について akitakomachiさん  2012-06-29 05:58 回答1件