遺言の確認が第一です。 - 小林 政浩 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

遺言の確認が第一です。

2013/06/26 22:56

kazu-u様、

三男さんが持っているらしい遺言書は確認されましたか?

自筆遺言でしたか?公正証書遺言でしたか?

遺言が自筆遺言であるばあい、家庭裁判所で検認手続きが必要です。

遺言書の内容を三男が知っているということは、遺言書を開封して中身を読んだということだと思いますが、改ざんされた可能性はありませんか?

仮に遺言が正しい書式、手続きで作成されたものであるとしても、法定相続人には遺留分が認められています。

今回の相続では、相続人が子供3人です。

法定相続分は、それぞれが3分の1の割合で相続することになります。

遺留分は法定相続分の半分ですので、一人当たり6分の1になります。

つまり、仮に残された遺言が有効なものであったとしても、長男次男ともにそれぞれが6分の1ずつは相続を主張できます。

一人当たりの遺留分を数字にすると16,7%です。

まずは、遺言書の実物を確認し、その真偽を確認すべきと思います。

併せて、相続の対象となる相続財産を確認する必要もあります。

遺言書が正しい書式と手続きで作成されたものであるなら、遺留分の減殺請求を行ったらよいと思います。

遺留分の減殺請求期限は遺留分を侵害されたことを知ってから1年以内です。

三男さんが遺言書を見せないときは、家庭裁判所に遺産分割協議の調停を申し立てて協議したらよいと思います。

お父様の判断能力が乏しい場合は、成年後見人を選任して後見人に協議をゆだねたらよいと思います。

どちらにしても、まずは三男さんが主張している遺言書の実物を確認すべきと思います。

公正証書
遺産分割
遺言書

回答専門家

小林 政浩
小林 政浩
( 北海道 / 行政書士 )
小林行政書士事務所
0166-59-5106
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

離婚協議書・内容証明などの書面作成はプロにお任せ下さい。

当事務所では、書面作成の際は必ず依頼者に文面の内容を確認いただきながら書面を完成させます。依頼人不在のまま書面が完成するようなことはありません。依頼人の思いを最大限に込めた最高の文書を作成いたします。書面の作成はプロにお任せ下さい。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

遺産相続について

人生・ライフスタイル 遺産相続 2013/06/26 13:15

祖父が亡くなり、実父の兄弟3人で遺産を相続したと聞きました。祖父が亡くなる2年前に祖母は亡くなっており、その時点では相続をせず祖父に全財産を渡した経緯があります。実父は男3兄弟の長男です。実父と次男… [続きを読む]

kazu-uさん (東京都/42歳/男性)

このQ&Aの回答

遺留分減殺請求ができます。 藤本 厚二(ファイナンシャルプランナー) 2013/06/26 16:18

このQ&Aに類似したQ&A

遺産の分け方 gohanippaiさん  2014-01-28 13:00 回答1件
父の遺産相続の請求を義母にしていいのか悩んでいます まるちゃん☆さん  2011-08-14 07:15 回答1件
相続の仕方と兄の生活の面倒をみる方法 ノッピさん  2010-02-21 23:39 回答1件
生前、認知症の伯母から貰い受けたお金について banana45さん  2013-05-09 02:07 回答1件