住宅ローンについて - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅ローンについて

2013/06/14 09:03

てかりさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、
渡辺と申します。

『時期をみて、私もパート出て家計を助けようと考えていますが、
無理のない範囲と考えても大丈夫でしょうか?』
につきまして、

住宅ローンを組んで住宅を購入する場合、
住宅ローンの負担を少しでも軽減するためにも、
頭金として物件価格の20%相当額プラス諸費用分につきましては、
予め用意したうえで、住宅を購入することをお勧めします。

よって、てかりさんの場合、
物件価格の記載がありませんが、
頭金の額としては十分な金額ではないように思われます。

また、住宅ローンを組む場合、
家計を過剰に圧迫されないためにも、
手取り月収金額に占める住宅ローンの負担割合として、
28.0%ほどに収まるように、住宅ローンを組むようにしていってください。

例えば、借入金額3600万円につきまして、
ローン金利0.8%・35年返済とした場合、
毎月の返済額は98,300円ほどで済みますが、

ローン金利が3.0%にまで上昇した場合、
毎月の返済額は138,600円と、
40,000円以上も返済額が増加することになります。

特に、てかりさんの場合、
お子さまがふたりとなりますので、
将来の教育資金負担のことも十分に考慮して、
ある程度、余裕のある返済プランをたてるようにしていってください。

毎月の住宅ローンに加えて、今後の生活費や教育資金などの支出と、
今後見込むことができる収入をもとに、
キャッシュフロー表を作成して、今後の資金残高の推移を確認しながら、
家計が成り立っていくかどうかにつきまして、
予めシミュレーションしてみると良いと思います。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン わたなべ
http://www.fpreal.jp/

住宅ローン
教育資金
返済
家計
キャッシュフロー

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

住宅ローン、返済していけるでしょうか?

マネー 住宅資金・住宅ローン 2013/06/13 13:36

一軒家の購入を検討しています。
仮契約までしてますが、今さらながらローンを定年完済できるか
不安になっており、手付金100万を諦めて解約すべきか悩んでいます。
今後、カツカツの生活… [続きを読む]

てかりさん (神奈川県/35歳/女性)

このQ&Aの回答

住宅購入について 辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー) 2013/06/13 20:41

このQ&Aに類似したQ&A

住宅ローンの返済が可能でしょうか kurukurusanさん  2014-09-10 20:37 回答1件
近々家を買いたいのですが可能でしょうか? こんぶさん  2008-07-08 01:44 回答7件