保障の考え方 - 釜口 博 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
釜口 博 専門家

釜口 博
ファイナンシャルプランナー

- good

保障の考え方

2013/05/27 09:16

himeppi 様

この度はご質問をいただきまして、ありがとうございます。
保険実務に強いファイナンシャルプランナーの釜口です。
http://www.bys-planning.com

ご結婚、おめでとうございます。
いろいろと考えなければいけないことがでてきますね。

生命保険もその一つとお考えだと思います。

・子供が大きくなるまで(20年くらい?)は、死亡保険は高額に
⇒himeppi様に万が一があった場合のお子さんの教育費、生活費を
補填するという目的のための保険とお考えであれば、高額な保障が
必要かもしれません。
ただ、himeppi様に万が一があった場合、奥様は遺族年金を受取ることができますし、
奥様のご収入が確保されるようであれば、そんなに高額な死亡保障は必要ないかも
しれません。

必要保障額のシミュレーションをされれば、それが明白となるはずです。

・医療保険は終身保険
⇒医療保険は加入しないという選択から検討してください。
なぜならば、医療保険で元が取れる人はほとんどいません。
終身医療保険で日額1万円、60歳払いで加入した場合の総額保険料は
約150万円。
一般病床の平均入院日数は約18日、手術があったとしても1回の入院で
受給できる保険金額は30万円ほどです。
手術がある入院を5回以上(手術がなければ10回以上)しなければ元が
取れないのです(あくまでモデルケース)。

ただ、健康保険が使えないような治療に対しての保障は確実に確保
された方が良いでしょう(例:がん)。

・死亡保険は、子供が成人してからは、定期保険で良い
⇒お子さんが成人された後は、逆に必要がないという判断も選択肢の一つです。
その年齢で貯蓄が積み上げっていれば、必要はありませんし、
himeppi様が厚生年金を継続して払っていれば、奥様は中高齢寡婦加算や、
遺族厚生年金、65歳以降はご自身の老齢厚生年金や老齢基礎年金もあります。

もし上記の貯蓄額や年金額で不足するのであれば、死亡保障は必要になってきます。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

よろしくお願いいたします。

老齢基礎年金
厚生年金
遺族年金
教育費
結婚

回答専門家

釜口 博
釜口 博
( ファイナンシャルプランナー )
BYSプランニング ファイナンシャルプランナー

お客様喜んでもらうことが、私の最大の幸せです!

お客様に喜んでもらう!お客様に得してもらう!お客様にホッとしてもらう!以上3つを信条としています。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

保険見直しについて

マネー 保険設計・保険見直し 2013/05/26 21:46

はじめまして。
現在、保険の見直しを考えております会社員(男、29歳)です。

今年、結婚することとなり、それに合わせて保険も見直そうかと考えております。

■私と彼女■
私→年収650万円(正社員、29歳… [続きを読む]

himeppiさん (東京都/29歳/男性)

このQ&Aの回答

現状では保険の加入は必要性が低く、貯蓄にお回しください。 吉野 充巨(ファイナンシャルプランナー) 2013/05/26 22:51

このQ&Aに類似したQ&A

20代後半の保険 都さん  2009-09-22 16:17 回答6件
保険の見直し(共働き)、余裕資金の運用について milktea2さん  2013-12-27 15:33 回答3件
医療保険見直しについて悩んでいます ハピカさん  2010-11-05 21:56 回答1件
保険見直しについてお願いします。 ティラミス☆さん  2009-05-27 15:47 回答6件
DINKsの保険について さくら0000さん  2016-08-24 16:27 回答1件