まずは、公的機関の無料相談などを - 田中 紳詞 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:独立開業

田中 紳詞 専門家

田中 紳詞
経営コンサルタント/ITコンサルタント

- good

まずは、公的機関の無料相談などを

2013/06/04 17:37

こんにちは。

あなたが経営している会社と、ご友人が個人契約をする場合ということでしょうか?

下記などが参考になりますので、ご覧ください。

http://www.kanesara.com/3330.html
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto316.htm

実務上はさておいて、体裁上は個人事業主と契約する形になるため、下記どちらかの手続きを行います。

1.ご友人に見積書を書いて頂き、会社側が発注書を出す。
2.ご友人と会社で、契約書を締結する。

どちらの場合も、書面には業務内容・金額・期間・支払条件・残業代などの精算方法を明記します。
それに基づいて、毎月ご友人から請求書を会社に出して頂き、支払条件に基づいて会社はご友人に報酬を振り込みます。

一点注意なのが、相手が個人事業主である場合、会社は源泉徴収し、納付しなければなりません。

このあたりについて、まったくわからないということであれば、まずは公的機関(税務署)の無料指導などを受けて頂き、その他必要であれば税理士さんにアドバイスを求めるといいでしょう。

また、Googleで「個人事業主 手続き」などで検索すれば、同じような悩みを持つ方がたくさんいますので、参考になるかと思います。

しかし、その方々はプロの税理士や書士ではなく、また、その人たちのケースが必ずしも自分に当てはまるわけではありませんので、やはり税務署などに相談するのが良いかと思います。

相談
発注
個人事業
個人

回答専門家

田中 紳詞
田中 紳詞
( 東京都 / 経営コンサルタント )
株式会社Exciter 代表取締役/主席コンサルタント
03-6280-3255
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

業務システムからモバイルまで、IT業界の無差別格闘家

専門はSAPなどの業務システムとコンサルティングですが、それに限らず企業にとって必要なITとその活用を考え、幅広い分野の経験を積んできたと自負しております。ITには多くの分野がありますが、一面ではなくトータルで勘案したプロの仕事をお届けします。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

給料支払いについて

法人・ビジネス 独立開業 2013/05/17 03:50

会社と個人で契約して友人を雇って一緒に働いているんですが、この場合って個人事業主の届けを出して、給料の支払いとかってどうやればいいですか?税金などの計算とか全然わからないので教えてください。

ゆうちゃん!さん (静岡県/31歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

個人事業の取引 ネクストふじさん  2013-12-09 00:32 回答1件
個人事業の開設方法につきまして 太陽光さん  2010-02-15 10:30 回答3件
バーを経営するにあたって elsさん  2008-03-22 19:55 回答2件
友人との共同制作(起業) NARAさん  2007-08-27 14:48 回答1件
音楽家の扶養や税金について Defp726さん  2014-11-24 08:21 回答1件