扶養目的以外の資金移転は贈与税が課される可能性が高いです - 平 仁 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

扶養目的以外の資金移転は贈与税が課される可能性が高いです

2013/05/07 18:40

はじめまして。ABC税理士法人の平と申します。

質問1 生活費のための名義口座ということであれば、贈与税の対象にはなりません。

質問2 貯蓄目的ということであれば、それぞれの名義で口座を開設された方が安全だと思います。生活費や学費、医療費のように、扶養の意味を持つ贈与については、贈与税の対象から外れますが、それ以外の目的で他人名義(同一人文ではないという意味で)の口座に資金を移転する場合には贈与税が課される可能性が高いとお考えください。

質問3 銀行預金口座は名義人の財産とみることが普通ですから、名義人以外の者から多額の資金が入金された場合には、贈与税が課される可能性が高まります。しかし、不動産購入目的で一時的に当該口座を利用したことが、銀行口座の振込用紙等の証拠により明らかな場合には贈与にならないと考えられます。安全を考えれば、夫婦各々の名義の口座に預金しておき、不動産の購入時にも、各々の口座から持分に応じた金額を不動産業者の口座に振り込む方がいいでしょう。

ただし、以上の回答では対応できないイレギュラーなケースもあり得ます。
また、口座名義のみを利用し、その実質は名義人の財産ではないケースも散見します。
課税処分は形式だけではなく、その実質からも判断していきますので、ご注意頂けると幸いです。

移転
贈与税
贈与
財産
名義

回答専門家

平 仁
平 仁
( 東京都 / 税理士 )
ABC税理士法人 税理士
03-5850-2331
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

企業の税務対策、自計化サポート!「下町の頼れる税理士」です

刻々と変わる経済情勢や法律に対応しながら、体系的な法律知識を持って、企業様の税に関する不安を解消し、安心できる節税対策を行います。お客様と直接お会いし面談しながら、企業内での自計化など、適切な会計処理を含めた税務指導を行っています。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

共働きの夫婦です。
日本で共有名義の口座が現実的に開設不可能ということで配偶者一方の名義での口座にそれぞれ給与の一部を振り込み、生活費に充てています。

質問1.この場合、名… [続きを読む]

hemiさん (東京都/36歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

海外からの送金(贈与税の有無) トマト66さん  2015-05-15 10:38 回答1件
夫婦間の口座で資金移動について ゆうすけ2000さん  2015-11-18 19:37 回答1件
夫婦間の資金移動による相続税について kani55さん  2014-11-19 19:38 回答1件
住居購入時の夫婦間贈与と名義について tsuyotsuyoさん  2010-05-27 21:11 回答3件