住宅ローンの選択について - 真山 英二 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
真山 英二 専門家

真山 英二
不動産コンサルタント

17 good

住宅ローンの選択について

2013/04/25 19:45

ハッピーハウスの真山(さのやま)です。

住宅ローンについて何がベストかは、
各家庭のライフプランや借入金に対する価値観、
リスクに対する許容度等によって異なります。

今回は、一般的な話としてご参照頂ければと思います。
また、住宅ローンの考え方や今後の金利情勢に対しての意見等は
各人によって大きく異なりますので、
あくまでも私個人の意見としてご参照ください。

住宅ローンの金利タイプに関しては、
固定金利もしくは全期間変動金利のどちらかを
選択すべきだと考えております。

ミックスプランは、金利タイプを決められない人が
問題の先送りをしているだけにすぎません。
ご質問にあったとおり、仮に繰り上げ返済をする場合、
金利の低い変動部分を返すのか、金利の高い固定部分を返すのか、
仮に変動金利部分を返すのであれば、なぜ金利の高い部分を残すのかとなり、
逆に金利の高い固定金利を返すのであれば、初めから金利の低い
変動金利で借りておけばよかったということになります。
ミックスプランのメリットは、問題を先送りできるということだけです。

変動金利は、正しい知識で検討した上で判断をする必要があります。
現在の変動金利の多くは、短期プライムレートに連動しており、
実は2009年から基準金利は変動がありません。
もちろん、変動金利は金利上昇の可能性があるのは事実です。
ただし、現在、日本はこれからさらに金融緩和を増加させるという
デフレ脱却の第一歩を踏み出したばかりです。
今後、景気が劇的に回復し、金融緩和を引き締め、
さらにインフレ過熱を抑えるために金利を引き上げて、
それが短期プライムレートひいては金融機関の変動金利に
反映されるまでにはまだまだ相当の時間がかかると思われます。

お聞きしている範囲においては、毎年50万円~100万円程度の
繰り上げ返済ができるのであれば、金利優遇▲1.7%(通期)が
取れることを前提に全期間変動金利で良いと思います。

ただし、通常以上に心配性で絶対にリスクを取りたくないと
いうのであれば、固定金利も選択肢にはなると思います。

(補足に続きます)

補足

ボーナス払いの有無については、基本的に、ボーナス払い無しをすすめています。
ボーナスは、一般的に企業の業績等によって大きく増減します。
少なくともボーナス払い無しで支払いが出来るのを前提に返済計画を立てて、
ボーナスで余剰がでれば繰り上げ返済に回すのが良いと思います。

元金均等と元利均等に関しては、当初の毎月返済に無理がなければ、
元金均等の方が総支払額が少なくなるのでおすすめです。

繰上げ返済をすべきか、貯金に回すべきかについては、
もう一つ投資するという選択肢を追加した上で、
検討してみると良いと思います。

ある程度の自己資金を持っている方へは、
通常の生活費の6か月分程度を現金等でもっていると
良いですよと伝えています。
仮に、何かあれば6か月程度で生活を再建してもらうイメージです。
(最悪の場合、住宅ローンの団信を想定にいれた上での話です)

それ以上の余剰資金に関しては、繰り上げ返済をするのか
投資をするのかどちらかになると思います。
繰上げ返済による金利の軽減効果以上のリターンをとれるのであれば、
繰り上げ返済をせずに投資をするというのも一つの選択肢です。
ただ、そういった投資先がないもしくは投資に対しての拒否感があるのであれば、
余剰資金を繰り上げ返済に回すのが良いと思います。

また、それなりの金額を繰り上げ返済するのであれば、
住宅ローン控除との関係を考慮しながら、繰り上げ返済をしてください。
早く繰り上げ返済をするのが原則ですが、
住宅ローン控除による還付金が減ってしまうようなことがあれば、
繰り上げ返済を少しズラして年明けに行う等の対応が必要となります。

長文となってしまいましたが、
いろいろな方の意見があるのは事実です。
ただし、正しい知識できちんとした判断を行って、
素敵なマイホームを実現してもらえればと考えております。

少しでもお役に立てれば幸いです。

住宅
住宅ローン
ローン
返済
ライフプラン

回答専門家

真山 英二
真山 英二
( 神奈川県 / 不動産コンサルタント )
株式会社ハッピーハウス 代表取締役
045-391-0300
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

正しい知識で安心して人生最大のワクワクを楽しんでもらいたい!

人生最大級の買物である不動産購入は、自分や家族が主人公でこだわりを実現していく「人生最高のエンターテイメント」と言えるのではないでしょうか。正しい知識と情報を身に付ける事で、安心してワクワクの不動産選びを楽しんでもらいたいと考えています。

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

中古マンション購入にあたり、住宅ローンを悩み中です

住宅・不動産 不動産売買 2013/04/23 17:43

お世話になります。
今回、中古マンションを購入することになり、初めての住宅ローンで悩んでいます。
お知恵を拝借できればと思います。

夫婦2人(夫:28歳会社員/妻… [続きを読む]

にこきちさん (神奈川県/29歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

購入した投資マンションの今後の扱い shiobayさん  2013-01-30 13:06 回答3件
中古マンション購入しても平気? まよえるこぶたさん  2009-12-29 08:53 回答1件
賃貸か購入か? tommyyさん  2009-05-08 13:47 回答1件
妻の職場近くのマンション購入 milky-wayさん  2012-09-20 02:03 回答1件