スケルトン・リフォーム - 小松原 敬 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

スケルトン・リフォーム

2013/04/10 14:18

横浜の設計事務所です。

スケルトン・リフォームの場合は、おそらく間取りなども変更されるでしょうから、きちんとした壁量計算が必要です。
それによっては柱の引き抜き耐力なども検討しなくてはいけませんし、基礎との緊結方法もいろいろ検討が必要です。

構造としての木は水漏れやシロアリの被害さえなければ、かなり古くても健全な事が多いです。
ただ、一度やられると被害が広がっている事が多いです。
そういう場合には、ホウ酸処理などをしたほうが良いと思います。
新築ですと防蟻防腐処理は義務ですが、防腐防蟻材は農薬系のものがほとんどで揮発性があります。数年すると効果がなくなりますし、揮発した農薬にあまり多く接するのは良いことではありません。

ホウ酸処理は安全で効果が半永久的なので最近新築には使うようになってきています。アメリカのカンザイシロアリがいるハワイや西海岸などではホウ酸処理が昔から義務化されています。

そうした設計の中の一部に、断熱方法の選択があります。リフォームは程度の大小によって断熱方法が限られてきます。
もっともコストパフォーマンスが良いのはウレタン現場発泡での充填断熱でしょう。
外断熱はリフォームの程度によって使えない部位が出てきます。
W断熱というのはどちらかををきちんとやった上での+αと考えるべきです。

また空調は、私はダクトを引っ張り廻すエアコンの全館空調は、住宅には疑問に思ってます。ダクトの清掃や故障の長期対応など考えると住宅向きではないように思えます。
セントラルクリーナーや集中暖房などで、故障等で使わなくなった家を多く見ます。
設備は必ず更新が必要になるので、住宅設備は更新のしやすさが重要です。

家のどこにいても温度差が少ないヒートショックを軽減する設計は、閉じる技術と開くデザイン(光や風を取り込み、遮り、流れを考える)が肝になります。
ぜひ、そういう設計事務所に依頼する事をお奨めします。


<あーす・わーくす http://office-ew.com

清掃
リフォーム
断熱
全館空調
住宅設備

回答専門家

小松原 敬
小松原 敬
( 神奈川県 / 建築家 )
一級建築士事務所 オフィス・アースワークス 代表
045-314-5360
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

富士北山の木で家を建てませんか

富士の裾野で育った産地直送の天然乾燥無垢材を使って、エコで健康的な家造りをしませんか。無垢材対応金物工法・特殊ビスによる5倍耐力壁で、耐震等級3でありながら風と光が通る大開口をもつパッシブデザインの家がリーズナブルに建てられます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

全館調湿システム導入のための断熱は?

住宅・不動産 リフォーム・増改築 2013/04/09 22:34

築15年ですが、新築時の工事が悪かったことと、転勤等で雨漏りや白蟻を放置していた結果、構造の傷みがひどく、スケルトンリフォームを考えております。
この機会に標記、ダイキン全館調湿シ… [続きを読む]

MEGU2さん (東京都/51歳/女性)

このQ&Aの回答

このQ&Aに類似したQ&A

鉄筋コンクリート住宅の屋上の防水について 鉄筋ってさん  2016-09-28 23:07 回答1件
屋根の補修 のぶながさん  2014-08-27 02:04 回答2件
RC造のサッシリフォーム 木造用サッシの使用は? とむじぇりさん  2009-05-30 18:55 回答2件
ガルバリウム屋根 30年以上経つとどうなりますか ぴこにゃんさん  2012-12-13 19:41 回答2件
建替えの時期について gandam3jpさん  2012-06-24 14:49 回答1件