住宅購入時期について - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

3 good

住宅購入時期について

2013/04/09 09:56

みーにゃさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、
渡辺と申します。

『今は辞めた方がいいのでしょうか。買った方がいいのでしょうか。』
につきまして、

通常、住宅ローンを組んで住宅を購入する場合には、
少しでも借入金を少なくするためにも、
頭金として物件価格の20%相当額プラス諸費養分につきましては、
予め用意したうえで住宅を購入するようにします。

尚、みーにゃさんの場合は、預貯金が180万円ということですから、
頭金の額としては十分な金額とは言えず、
おそらく諸費用分に充当することになると思われます。

また、1980万円につきまして、ローン金利2.0%・35年返済で住宅ローンを組んだ場合、
ご主人様の手取り月収金額21万円に占める住宅ローンの負担割合は、
31.2%となってしまい、この水準になると住宅ローンの返済で、
家計が少なからず圧迫されてしまう水準となります。

よって、もし1980万円の住宅ローンを組む場合には、
ご主人様だけ収入ではなく、みーにゃさんの収入も含めてということが大前提なってしまいます。

ただし、みーにゃさんにおかれましては、二人目のお子さまを希望されていますし、
何よりも、ご主人様が独立・開業された直後の収入面も心配です。

住宅につきましては、賃貸でしたら収入に応じて住み替えが出来ますが、
住宅ローンは一旦組んでしまうと、収入が減ってしまい返済がきつくなったからと言っても、
融資先の金融機関では毎月の返済額を減額などしてはくれませんので、
独立・開業した後からご主人様の収入が安定してから購入しても、
決して遅くはないと考えます。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄
http://www.fpreal.jp/

住宅購入
住宅ローン
貯金
家計
ローン

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:3pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

住宅購入の時期

マネー 住宅資金・住宅ローン 2013/04/08 16:20

はじめまして。
1980万円の中古の住宅を購入するか悩んでいます。
旦那、年収約300万(美容師)
妻(私)年収約300万(教員)
貯金約180万
4歳の息子がいます。

旦那は将来自分の美容室を開業したいと考えております… [続きを読む]

みーにゃさん (東京都/30歳/女性)

このQ&Aの回答

住宅購入の時期について 辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー) 2013/04/08 17:06

このQ&Aに類似したQ&A

非常勤職員の住宅ローン ocean1forestさん  2015-03-06 10:15 回答1件
住宅ローンの返済が可能でしょうか kurukurusanさん  2014-09-10 20:37 回答1件
家計チェックと住宅購入について マイラーさん  2008-06-30 14:05 回答7件
フラット35Sの返済期間について迷っています momoguriさん  2013-02-21 20:50 回答1件
住宅ローン審査について manakanaさん  2012-12-06 14:07 回答1件