父親の存命中によく話し合われることです。 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
藤本 厚二

藤本 厚二
ファイナンシャルプランナー

- good

父親の存命中によく話し合われることです。

2013/03/14 07:05
(
5.0
)

あかごんさん、、はじめまして
 相続はわかりにくいものですが、お父さんがお元気でいる間に、亡くなった時の話を進めることはとても大事なことです。結婚して郷里から離れてしまうと皆で集まることが困難かと思いますが、できるだけ頻繁に集まりお話し合いをすることがとても大事なことです。
頻繁に集まり、先のことを話すことは、それぞれの気持ちや考え方をひとつにすることです。相続がよく言う”争族”になってしまう一番の原因は「ご兄弟の不仲」です。遺産の多い少ないで見ると、少ない人たちです。相続税の対象とならない遺産を分割する際に”争族”が発生してしまいます。そのため常日頃から”どのようにしよう”という相談をされることがとても役立ちます。
相続が発生する場合に
1)相続人が誰か   2)遺産額がどのくらいか  3)負債がどのくらいか をまずはしっかり掴んでおくことです。
次に、たとえ安いマンションであるとは言え、遺産であることは間違いありませんので、マンションの金額を調べておくことです。これは、市役所に行って「固定資産評価額」を調べます。この金額がマンションの金額となります。
 預金等の口座の凍結、については、その通りです。お母さんの時には使えたようですが、お父さんがいたからだと思います。お父さんがなくなった場合に、お葬式費用を引き下げなければなりませんので、できれば預金凍結を考え、生前にお手元にご用意されることをお勧めいたします。あるいは、そのような時には誰かが立て替えておき、落ち着いた時点で、遺産分割が終了した時点で、必要な書類を金融機関に持込、名義換えをすることになります。
名義替え後に立て替えた金額をいただくことになります。
そのためにも、生前に、仮に亡くなった時の対応をよく話し合っておくことが大事です。
 また、遺産分割の話が終了し、分割協議書に基づきどなたかの名義にする場合、結婚して苗字が変わったから手続きに時間を要するという、特別な理由はありません。実家から遠く離れていて、必要書類を取り寄せるのに時間が必要にはなりますが。
 ご兄弟二人とも結婚され、遺産であるマンションを必要としないのであれば、いずれ売却となるでしょうから、売却後の金銭の分配を考えておくと良いでしょう。現在の法律では、7000万円までは相続税がかかりません。(相続人二人の場合)

金額
生前
遺産分割
マンション

評価・お礼

あかごん さん

2013/03/14 13:09

わかりやすい回答をありがとうございました。
遺産については知識がないため、漠然と不安を抱いてましたが、今回でかなりスッキリする事ができました。
次は、固定資産評価額を調べてみる予定です。
また何かありましたら、宜しくお願いします。

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

相続:父親が亡くなった場合、子供がする事を教えてください

人生・ライフスタイル 遺産相続 2013/03/13 17:04

こんにちは。
今回、父親から自分が死んだ場合に備えて話したいので、事前に調べておいてほしいと言われており、メールさせていただきました。

●家族構成
75歳の父… [続きを読む]

あかごんさん (愛知県/39歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

亡夫の保険金の受取人が義父母の場合 hira3632さん  2013-01-14 01:14 回答3件
相続放棄物件 ohayasiさん  2008-11-28 21:35 回答1件
遺産相続の時効 くろくろくろさん  2008-04-26 09:46 回答1件
遺産の分け方 gohanippaiさん  2014-01-28 13:00 回答1件
今後のことです ふじゆうさん  2013-11-03 21:57 回答1件