やむなく賃貸に出す場合は、ローンは継続出来ます。 - 野口 豊一 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
野口 豊一 専門家

野口 豊一
ファイナンシャルプランナー

1 good

やむなく賃貸に出す場合は、ローンは継続出来ます。

2013/02/22 20:53
(
4.0
)

不動産コンサルタント&FPの野口です。

naonao17様が、銀行に「住宅ローン」を申込ンだ時は、”自分が住むことを目的”として申し込んだ筈ですから、「住宅ローン」として普通のローンより有利な金利や条件で借り得たわけです。

naonao17様は、借入後数年間住んでおられ、「諸般の事情により」とは具体的にどのようなことか判りませんが、例えば、転勤や転職で家族揃って居宅を移さざるを得ない、とか、両親の介護で両親の家に転居せざるを得ない、とか、誰が考えても「止む得ず」と判断出来れば、空室とするより、賃貸として有効活用も考えられる。

従って、この様な場合は賃貸に出したからと言って、銀行から一括変換を求められることは有りません。事前に銀行に話されるのがよいでしょう。

しかし、最近は明らかに低金利を受けようと「住宅ローン」を申込み実際は投資用のマンションとしている人もいます。銀行が求める、融資実行後の住民票の提出も住居まで移している人もいます。これは銀行を騙す一種の「詐欺」です。これを助長する不良不動産業者もいます。

ある大手企業の中堅幹部が コンプライアンス違反に問われ懲罰を受けております。
この様な行為は最低ですから、最低人間にならないようご注意の上対処下さい。

契約書にないからでは無く、その前提が自分が住むための「住宅ローン」ですから。

コンプライアンス
詐欺
住宅ローン

評価・お礼

naonao17 さん

2013/02/25 10:27

ありがとうございました。

回答専門家

野口 豊一
野口 豊一
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
代表取締役
03-3358-9777
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

不動産投資、マンション経営、FPの観点からコンサルタント

独立系のFP、不動産業者とは一線を画し常に第3者の観点からコンサルタント、長年のキャリアと実践て培った経験をを生かします。法律、経済、税務など多角的に論理整然とし、これを実践で生かします。誰にも負けない「誠実性」「洞察力」を発揮します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

ローン支払い中の自宅マンションの賃貸

住宅・不動産 住宅賃貸 2013/02/22 17:21

諸事情により、現在の自宅マンション(ローン支払い中)を賃貸で貸し出したいのですが、それは銀行との契約違反で違法行為であるという話を聞きました。
ローン契約書にはそのような記述を発… [続きを読む]

naonao17さん (東京都/46歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

貸家の賃貸契約の注意点は? dive2blueさん  2009-10-15 09:12 回答1件
分譲マンションを賃貸にすべきか売却にすべきか ringo-1127さん  2013-02-25 23:20 回答1件
持っているマンションを賃貸にする場合 ssssさん  2012-10-23 20:15 回答2件