過失を認めているのであれば、素直にお話を。 - 竹内 隼人 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
竹内 隼人 専門家

竹内 隼人
建築プロデューサー

- good

過失を認めているのであれば、素直にお話を。

2013/02/21 18:44
(
5.0
)

hamadaさん

はじめまして。
東京の設計事務所ハウジングアーキテクト竹内と申します。

内容拝見いたしました。

連絡事項のやりとりがうまくできていないために
起きた事故のようですね。

正直後戻りは、気持ちの問題がありますので
建て直しとするのか、一部変更とするのかは工務店と協議して下さい。





いままでの詳細な経緯が不明ではありますが
現在の状況と工務店のミスを認めているとのことであれば
最初からのやり直しを行うことの要求はできると思います。

やり直しをすることで
「配置を調整し、斜線制限をクリアし、希望の切妻屋根ができる。」
ことも考えれるかもしれません。


一生に一回の大きな出来事です。
諦めずに工務店と納得いくまで、協議されてはいかがでしょうか。
喧嘩のように、上からドンドンと言うのではなく
気持ちを落ち着かせながら、
施主としての気持ちを素直にお話してみてください。

まずは、
解決の道ができるまでは、工事段取りのストップ。

hamadaさんの希望が叶うような
協議結果となることを祈っています。


ハウジングアーキテクト
竹内 隼人

http://www.housing-architect.biz/

東京
工務店
協議
施主
設計

評価・お礼

hamada さん

2013/02/25 16:52

気持ちを落ち着かせながら…工務店と話し合え、納得でき後戻りではなく前に進む事が出来そうです。
相談しなければ、喧嘩腰だったと思います…

この度は、ありがとうございました。

回答専門家

竹内 隼人
竹内 隼人
( 東京都 / 建築プロデューサー )
株式会社ハウジングアーキテクト 建築プロデューサー
042-455-6531
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

「私の家づくり」を実現させる身近な設計者

「私の家はこんな風がいい!」「私の家はこうがいい!」と漠然なイメージをお持ちでないですか?「私の家づくり」を私たちに実現させるお手伝いをさせて下さい。お客様の身近な存在であり、接しやすく分かりやすくご提案をさせていただきます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

屋根の変更に応じるしかないのですが、溜息ばかりです・・・。

住宅・不動産 新築工事・施工 2013/02/21 10:38

12月に建築確認が取れ、2月に棟上げ・3月末に入居予定です。

11月に建築確認の事前審査で、工務店が依頼している設計事務所に土地の測量は間違っていないか?と連絡… [続きを読む]

hamadaさん (島根県/34歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

納期遅れや欠陥だらけ ゆがいっぱいさん  2016-11-16 23:18 回答1件
86坪の土地に教会ビルを建設したい 辛子種子さん  2016-01-28 01:24 回答1件
外壁通気工法 換気の出口について shinshin5837さん  2016-05-01 10:08 回答1件
設計ミス もうつかれたさん  2013-12-06 16:49 回答1件