金銭債務の相続 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

万引き

回答数: 1件

脅迫

回答数: 1件

閲覧数順 2016年12月05日更新

金銭債務の相続

2007/08/12 09:09

行政書士吉田です。
和解で金銭の請求権を合意しているので
その請求権自体が死亡で即消えるわけではありません。

その無くなった方に相続人がいらっしゃれば
プラスの財産もマイナスの財産(借金など)も
同じく相続します。

ですから相続人の方が相続放棄などしなければ
その方に請求してゆく事は可能です。
ひとまずはその方にお子様や配偶者、親兄弟
などがいるかどうかでしょう。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

こういうケースは?

暮らしと法律 民事家事・生活トラブル 2007/08/12 02:02

和解契約公正証書作成後、
当事者の相手が死亡してしまいました。
契約内容に金銭債務があるのですが、どうすれば良いのかわかりません。無効になってしまうのでしょうか?
教えてください。

alphaさん (東京都/32歳/男性)

このQ&Aの回答

このQ&Aに類似したQ&A

不真正連帯債務 hisa0225さん  2015-11-04 22:00 回答1件
死因贈与契約の撤回 その後の措置 ダイチャンさん  2009-04-20 05:14 回答1件
死んだ父のNHK受信料 おはなママさん  2015-10-20 22:29 回答1件
土地相続が心配 山田山田さん  2014-10-12 09:15 回答1件
借地の法律っておかしくない? カトリせんこさん  2014-09-08 20:12 回答1件