撮影法によっては妊娠中でもレントゲン撮影は可能です - 飯田  裕 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:一般歯科・歯の治療

飯田  裕 専門家

飯田  裕
歯科医師/医学博士

- good

撮影法によっては妊娠中でもレントゲン撮影は可能です

2013/02/08 20:08
(
5.0
)

 初めまして。つくばオーラルケアクリニックの飯田です。

「だいぶ前に神経を抜いて詰めた歯」とのお話ですので、根尖性歯周炎(歯の根っこの周囲が化膿している状態)か、担当医師が「歯の根の二股に割れている部分の歯茎が炎症(膿?)している可能性が高い・・・」と診断したという件からは辺縁性歯周炎(歯周病による歯の周りの歯茎の炎症)などが考えられます。
 いずれにしましてもレントゲン写真の撮影をしていないとのことですから、手探り状態での診断・治療かと思います。

 痛みの原因が根尖性歯周炎あるいは辺縁性歯周炎とすれば、処置を行ったことにより刺激が加わり、一時的に症状が悪化する場合もございます。明らかな症状の増悪があるようでしたら、もう一度明日にでも受診して診察を受けた方がよろしいかもしれません。
 妊娠中はできれば投薬は避けたいところですが、ひどく化膿していれば抗生剤を使わざるを得ないケースもございます。その場合は歯の周囲を化膿させているバイ菌を抗生剤である程度やっつけて、炎症が治まった後に歯の治療を再開する手順となります。お大事になさいませ。

 ※妊娠中の歯科治療の安全性について私が書いたコラムがございますのでよろしければご参照ください。http://profile.allabout.co.jp/w/c-57409/

つくばオーラルケアクリニック http://tsukuba-occ.com/top.html
facebookページ http://www.facebook.com/tsukuba.occ

歯周病
歯科
歯の治療
痛み
診断

評価・お礼

みそみそ さん

2013/02/08 20:37

ありがとうございます。

とりあえず、一時的に痛くなることもあるということを頭に入れて、ひどくなるようなら医者に見てもらおうと思います。

ひとつ質問があります。
現状では手探りで治療になるとのことですが、やっぱりレントゲンはとってもらったほうがいいんでしょうか?

回答専門家

飯田  裕
飯田  裕
( 茨城県 / 歯科医師 )
つくばオーラルケアクリニック 開設管理者/院長
029-879-5255
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

患者さんの性格や体質に合った「オーダーメイド治療」を提供

インプラント治療では、患者さんの身体的負担を軽くするため、シンプルな治療法の採用、短時間でダメージの少ない手術を実践しています。完全予約制による丁寧な診療と、近隣医療機関との緊密な連携、充実した検査体制で安全性の高い医療を提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

昨日、歯の根の治療をしてもらいましたが痛みがひきません。

心と体・医療健康 一般歯科・歯の治療 2013/02/08 14:49

今、妊娠5ヶ月です。

昨日、だいぶ前に神経を抜いて詰めた歯に痛みが生じ、歯医者に行ってきました。
レントゲンは、お医者さまも避けたいとのことで銀歯をかぶせたとこ… [続きを読む]

みそみそさん (栃木県/25歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

医療ミスについて ほじなしさん  2013-10-01 09:15 回答1件
歯の根っこの痛み ぬらりひょんさん  2014-10-19 23:09 回答1件
歯の痛み attsz500さん  2013-12-22 21:49 回答1件
根管治療後の痛みについて o-chamさん  2013-08-18 16:44 回答1件
治療の進め方に疑問があります pigupigu73さん  2013-07-27 13:26 回答1件