【開業日等について】 - 井上 昭弘 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
井上 昭弘 専門家

井上 昭弘
ITコンサルタント

- good

【開業日等について】

2013/02/03 12:16
(
5.0
)

はじめまして。井上と申します。
内容拝見いたしました。

あくまで私の見解ですので、ご参考までにご覧下さい。

>>開業日は「2月5日」か「4月1日」のどちらになるのでしょうか。
どちらかはご自身で決められますが、
仕入れ等の経費支払いが2月から発生するとの事ですので、
「2月5日」の方がわかりやすいかと思います。


>>また、どちらが事業開始日にしろ、待機期間はないので、
>>この場合雇用保険の「事業開始による再就職手当」は受給できないのでしょうか。
2月20日付で退職となり、4月1日を開業日として事業を開始する場合、
客観的に見ると受給対象になり得るのかと感じます。

但し事実は2月3月も会社から給料を受け取っている事、また4月以降の事業についても
現在働いて頂いているアルバイトの方が継続して勤められるという状況から、受給は困難
かと思います。下記ハローワークの資料をご参考下さい。

https://www.hellowork.go.jp/dbps_data/_material_/localhost/doc/saisyuusyoku.pdf


>>さらに、青色申告の帳簿はいつから付ければ良いのでしょうか。
>>2月から帳簿を付ける場合、2月&3月分の私が会社からもらう給料は、
>>どういう仕訳になるのでしょうか。
2月、3月も経費が発生しているため帳簿は2月からつけた方が良いかと思います。
当該事業に対して1月にも何らか経費が発生している場合、1月からつけておいて下さい。

2月3月の給料について、まず個人事業の事業主は給料という概念がありませんので、
生活費として事業用の口座からお金を引き出した場合は「事業主貸/普通預金」という
仕訳になるかと思います。
逆に個人資金を事業用の口座に入れた場合は「普通預金/事業主借」となり、事業に対して
貸し借りの関係となります。

2月3月はあくまで給料、という事でしたら、その分は個人収入、給与所得として
確定申告する必要があるかと思います。


ご不明な点ございましたらお気軽にご連絡下さい。
ご確認のほど宜しくお願いします。

仕入れ
開業
仕訳
再就職手当
個人事業

評価・お礼

フォルチェ さん

2013/02/04 22:39

ご回答ありがとうございました。
確認が遅れまして、申し訳ございませんでした。

不明点は解決できました。
誠にありがとうございました。

また、不明点が出てきましたら頼りにさせて頂きたいと思います。

回答専門家

井上 昭弘
井上 昭弘
( 東京都 / ITコンサルタント )
株式会社雅 代表取締役
03-5843-9329
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

中国ビジネス x インターネット事業はお任せ下さい!

中国ビジネス、インターネット事業ともに、まだまだ大きな可能性を秘めている分野です。私は中国国内での多数の地域での人間関係及び経験と、インターネットの技術を用いて、日中双方のビジネスに野心を燃やしております。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

個人開業届けのタイミング

法人・ビジネス 飲食店経営 2013/02/02 04:48

飲食店に勤務している者です。

【前提】
会社が事業縮小のため1月末の閉店と2月20日付退職が既定路線であり、
店舗は居抜きとして売りに出されています


【現状】
・2月1日に話し合い、私… [続きを読む]

フォルチェさん (東京都/33歳/男性)

このQ&Aの回答

開業日は2月5日です。 平松 徹(社会保険労務士) 2013/02/04 11:33

このQ&Aに類似したQ&A

飲食店の青色申告用経理について rikoriraさん  2011-03-20 14:08 回答1件
経営者になるには mamanobuさん  2016-05-31 10:48 回答1件
予算が少ないため店舗のデザイン費用に悩み jyejyeさん  2014-06-28 20:37 回答5件
店のレシピ(機密)を持ち出さないようにしたいです doraemonbanzaiさん  2011-06-15 13:39 回答2件