輸出免税について - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
榎並 慶浩

榎並 慶浩
税理士

- good

輸出免税について

2013/02/01 12:38
(
5.0
)

kbcajonさん、はじめまして。
税理士の榎並と申します。

お問い合わせの件、法律的な見地はカテゴリを変えて
弁護士の方に再度ご確認いただきたく思います。

私のほうからは会計面・税務面のみ回答させていただきます。


会計面ですが、送金者と契約者が異なる場合には、御社からすれば
何の入金かを確定させる必要があります。
内容的には契約者(本社)の日本支社ということは認識済みでは
ありますが、それだけだと証明する資料がないということになります。

したがって、日本支社が本社の代理送金をしたことを証明する資料が
必要です(本社からの送金指示書、指図書等)。
法律的にこれで足りるかどうかは改めて弁護士にご確認ください。

税務面でいうと、輸出免税に該当するかどうかは、下記要件を満たして
いることが必要です。

・商品の販売・引き渡しを証する資料一式
・御社が輸出許可を受けたことを証する書類一式
・海外本社へ御社名義で発送したことを証する書類一式
これに加えて、上記の送金指示書も揃えておいてください。

消費税というのは、基本的に国内における消費に対して課せられる性質の
ものですので、代金の支払先がどうであるかは要件とされていません。
したがって、今回のケースでは、消費税はかからないということになります。

最後に、領収書についてですが、契約者の名称と異なる宛先を記載する
のは基本的には望ましくありません。
理由が分からないので何とも言えませんが、不自然な要望の裏には、
不自然な行為が隠れているケースが多いので、経理という立場では
毅然とした対応をするのがいいのではないでしょうか。
これは、税理士というより、経理部長を務めていた経験からのアドバイスに
なります。

最後は蛇足だったかもしれませんが、契約者以外との金銭のやり取りについて、
「消費税がかかるか」という部分を除外して、改めて弁護士にご確認ください。
宜しくお願い致します。

部長
税理士
消費税
会計
税務

評価・お礼

kbcajon さん

2013/02/01 16:03

榎並 様

大変詳しいご回答をありがとうございました。
経理としての対応がよくわかりました。
法律的な面に関しては、会社の弁護士に相談したいと思います。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

はじめまして、私は日本国内の法人で経理を担当しています。

この度、弊社から中国の法人(○○○有限公司という商号)へ商品を輸出することになりました。
弊社として… [続きを読む]

kbcajonさん (北海道/31歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

海外取引について real_yoda_adoyさん  2011-03-18 20:45 回答1件
国外送金等に関するお尋ねについて 非公開希望さん  2010-07-28 00:18 回答1件
海外給与の扱いと日本への送金 hideo0701さん  2009-01-16 18:20 回答1件