法人と個人は明確に分けたほうがいいですよ - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
榎並 慶浩

榎並 慶浩
税理士

- good

法人と個人は明確に分けたほうがいいですよ

2013/01/29 00:46
(
5.0
)

terumamaさん、初めまして。
税理士の榎並と申します。

ご質問が複数ありますので、個別に回答させていただきます。

1.車の名義
 名義はご主人のままでも構いませんが、使用に応じた按分を行うように
 してください。
 また、使用状況が明確に分かるように資料を残しておくようにしてください
 (法人で使用した行き先や移動距離など)。
 もし名義変更をお考えであれば、無償譲渡は譲渡益課税(タダで資産価値の
 ある車をもらったことに対する課税)の問題が生じますので、合理的な
 見積もりが必要になる点、ご注意ください。

2.光熱費按分
 時間での按分は特に問題ありませんが、事業に関連する光熱費以外は
 認められませんので、ご注意ください。

3.備品
 ちょっとご質問の趣旨が測りきれてないのですが、既に保有している備品を
 費用処理しようとするのであれば、一旦、会社への譲渡を行う必要があります。
 そうではなく、PCやプリンターの使用に伴う、インターネット接続料や
 インク代を経費にしたいということであれば、光熱費のように按分することで
 費用処理できます。

4.扶養
 ご主人の会社に早くお伝えすることは問題ありませんが、年末調整での対応と
 なりますので。事前に伝える必要はありません。
 
5.給与口座
 労働基準法で、給与を他人に支払うことは禁じられておりますので、できれば
 別にご用意されることをお勧めします。
 実態としては振込の手間を一つ省きたいということかと思いますが、法人とは
 そういうものですので、分けられたほうが無難です。

以上、回答とさせていただきますが、前提によっても変わる場合もありますので、
ご不明な点がございましたら、改めてご質問いただければと思います。

事業と個人が多少混在していても、事業として使用していることをきちんと示せれば、
ほとんどの場合、問題になることはありません。
しかし、法人と個人は明確にしておいたほうが管理上のミスも減りますし、税務署
に対しても説明がしやすくなりますので、口座のように、分けられるものは明確に
分けておくことをお勧めします。

宜しくお願い致します。

事業
税理士
法人
個人
経費

評価・お礼

terumama さん

2013/01/29 23:47

榎並様
ご丁寧に回答いただき誠に有難うございました。
経費のことばかりを気にしておりましたが、しっかりと売上・利益を出せるよう
こちらも知恵をしぼって頑張っていきます。

分かりやすいアドバイスを有難うございました。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

主婦起業家として会社設立の準備をしています。

法人・ビジネス 会社設立 2013/01/26 14:23

現在、自宅マンション(夫名義)で法人設立しようと準備をしています。


・ガソリン代・修理・車検・保険など会社経費として計上する場合、名義は法人に変更すべきですか?今は夫… [続きを読む]

terumamaさん (東京都/36歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

親族のみの合同会社設立について ask-marimoさん  2014-09-22 22:50 回答1件
2年ほど前に設立した株式会社についての質問です。 関西発さん  2007-12-12 20:58 回答1件
デイトレーダー(株式投資)の会社設立のメリットについて ララマーボーさん  2015-05-07 23:01 回答1件
健康保険・厚生年金保険新規適用届等について mayuhimeさん  2014-01-10 10:16 回答1件
法人化にあたっての資金 loco.Tさん  2013-12-07 01:42 回答1件