適正な貯蓄額について - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

4 good

適正な貯蓄額について

2012/12/21 10:14

がりぞーさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、
渡辺と申します。

『そんな状況ですが、適正な貯蓄額及び、
ローンへの繰り上げ返済可能額についてアドバイスいただければと思います。』
につきまして、

がりぞーさんの場合、
住宅ローンの完済年齢が73歳となりますので、
住宅ローンにつきましては、
定年を迎えるときまでには少なくとも完済の目途がたてられるように、
繰り上げ返済をしていく必要があります。

住宅ローンを少しでも早く完済することができれば、
その分、お子さまの教育資金や老後資金のための準備に、
資金を振り向けることができますので、
繰り上げ返済はとても重要なこととなります。

尚、住宅ローンの繰り上げ返済を行う場合、
将来予定しているライフイベントの時期と費用のことを十分に考慮したうえで、
繰り上げ返済に充当できる資金を確定していくことになります。

がりぞーさんの場合、
奥様が職場に復職する時期が2年後となりますので、
それまでの期間に予定しているライフイベント費用のことを考慮して、
繰り上げ返済に充当することが出来る資金を決定するようにしてください。

自動車の買い換え時期につきまして、
奥様が職場に復職されてからということでしたら、
自動車の買い換え資金につきましても、
繰り上げ返済資金に充当していっても大丈夫だと考えます。

尚、繰り上げ返済を行う場合、
繰り上げ返済の時期が早ければ早い程、
その効果が大きくなりますので、
その点も考慮したうえで、繰り上げ返済に充てる資金額を決定していってください。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄
http://www.fpreal.jp/

イベント費用
教育資金
住宅ローン
自動車
ローン

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:3pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

適性な貯金額は?

マネー 家計・ライフプラン 2012/12/20 13:44

初めて相談させていただきます。

現在39歳
妻1人、子ども2人(3か月男、2歳男)
の4人家族です。

収入は私が600万円(税込)
妻は育児休暇中ですが、2年後に復職したら350万円(税込)が期待できます。… [続きを読む]

がりぞーさん (大阪府/39歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

今後の住宅・教育資金についてご助言ください 白くまさん  2007-08-07 18:58 回答4件
家計診断をお願いします ラテコさん  2015-12-07 13:18 回答3件
家のローンと教育費が圧迫 ハーモニーさん  2010-01-26 12:00 回答4件
マンション購入、住宅費負担が心配 nutsさん  2012-08-10 11:36 回答2件
教育費を勘案した場合の可能な住居購入額は? R32さん  2008-04-19 12:49 回答2件