構造部分の劣化状況を確認しましょう - 伊藤 裕啓 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

伊藤 裕啓 専門家

伊藤 裕啓
一級建築士

- good

構造部分の劣化状況を確認しましょう

2012/12/17 16:24
(
5.0
)

住まいのe-相談室 建築士の伊藤です。
築25年の重量鉄骨造の家の購入を検討されているのですね。
建物はどのような構造であっても構造部分の劣化があると安全・安心・快適に住み続ける事ができません。そういう意味では不動産広告でよく見る「リフォーム済み」「綺麗にお使いです」という紹介文は役に立たない事になります。

鉄骨造の建物の主な劣化としてはサビの発生、雨漏りがあります。また1階の床が木造の場合、シロアリ被害を受けている事もあります。特に屋上のある建物の場合は漏水に注意しなければなりません。

築年数だけを考えるとまだ十分使えそうですが、まず劣化状況を確認してはいかがでしょうか。調査は原則目視で行うのですが劣化以外に建物の傾斜等まで確認すれば購入の可否を判断する材料となります。コストが発生しますが専門家の判断は参考になると思います。
また建築設計図書、確認申請図書等がそろっていればより良いと言えます。

相談
調査
購入
建築士
雨漏り

評価・お礼

lavi さん

2012/12/19 16:01

ご回答ありがとうございました。シロアリまで気が付きませんでした。
大変参考になりました。

伊藤 裕啓

2012/12/20 18:08

評価いただきありがとうございました。
鉄骨造、鉄筋コンクリート造はシロアリの被害は関係ないと思われがちですが、床組が木造である場合は被害を受けているケースがあります。室内から見るだけだとわからないかもしれません。

回答専門家

伊藤 裕啓
伊藤 裕啓
( 兵庫県 / 建築家 )
住まいのe-相談室(株式会社伊藤建築コンサルタント) 代表取締役

安心・安全・快適な暮らしのお手伝い

住宅購入、リフォームには高額の費用がかかり大きな不安を抱える事があります。私の仕事は、住宅購入やリフォーム計画時に消費者側にたって中立的・客観的な視線をもって計画の進行をお手伝いするものです。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

築25年重量鉄骨造りの家の購入を迷ってます

住宅・不動産 住宅設計・構造 2012/12/17 12:01

築25年重量鉄骨造りの30坪2階建て住宅の購入を検討中です。丁寧に使われていること、床材、など材料は良質なものを選んでおられるようですが、ただ築年数がかなりたっているので、… [続きを読む]

laviさん (大阪府/45歳/女性)

このQ&Aの回答

築25年の重量鉄骨造 小松原 敬(建築家) 2012/12/17 12:32

このQ&Aに類似したQ&A

リフォームか建替えか? ちくさん  2007-01-23 16:30 回答7件
都心の狭小地における設計 DEITEさん  2016-08-27 22:03 回答4件
2世帯住宅の費用:40坪 くま。さん  2009-11-06 13:26 回答1件
リフォームと建替えどちらがいいのか。 あきるさん  2009-09-10 11:35 回答4件
防火地域に建てる店舗兼住宅の予算の目安 yukiさんさん  2009-06-19 23:19 回答3件