給与所得者の年収は入金ベースで考えます - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
林 高宏

林 高宏
税理士

- good

給与所得者の年収は入金ベースで考えます

2012/10/10 14:06
(
4.0
)

はじめまして! 税理士の林と申します。

サラリーマンなど給与所得者の年収は、給料を受け取った日の収入として考えることになっています。従って、ettyさんが仰るよう、翌月振込の場合、23年12月分~24年11月分が平成24年度の収入になるだろうと思われます。

また、年収103万円を超えると、所得税法上の扶養家族から外れますが、年収130万円以内であればお父さんの健康組合の扶養家族には入れます。

1)所得税・・・特定扶養控除(63万円)がなくなります。
所得税の税率は以下の6段階になっています。
195万円以下          5%
195万円超  330万円以下 10%
330万円超  695万円以下 20%
695万円超  900万円以下 23%
900万円超 1800万円以下 33%
1800万円超         40%(課税される所得金額に対して)

 住民税・・・特定扶養控除(45万円)がなくなります。
税率は一律10%です。

標準的なサラリーマンだと仮定すると、63万×20~10%+45万×10%=17,1万円~10,8万円くらい影響が出るでしょうか。(あくまで概算値です)

2)住民税は課税されます。

保険料とは、健康保険のことですか?これは130万円以下なのでかかりません。親の扶養に入ったままとなります。

3)扶養家族に該当するかどうかは、毎年判断します。給与が少なくなれば扶養家族に戻れます。この場合、お父さんは勤務先に「扶養控除等(異動)申告書」という書類を提出することになります。下記、国税庁のHPを参考にしてください。

http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_01.htm

給与
保険
健康
収入
控除

評価・お礼

etty さん

2012/10/10 14:19

丁寧なご回答ありがとうございます。

補足してお尋ねしたいのですが2について
住民税がかかるということでしたが
それはいつからいつまでで、どの位の額
なのでしょうか?
ちなみに住んでいるのは愛知県春日井市です。

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

学生で年収が103万円越えたら

マネー 税金 2012/10/09 23:08

まず24年度の収入というのは、翌月振り込みの場合23年12月に働いた分から24年11月まで働いた分という事になるのでしょうか?
その場合今年度の年収が103万を超えてしまいます。
24年1月の働いた分から… [続きを読む]

ettyさん (愛知県/21歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

給与所得者の節税対策を教えてください。 ぺろママさん  2013-10-09 16:46 回答1件
扶養家族の基準 おけやさんさん  2008-10-22 16:27 回答2件
専業主婦に一時所得がある場合の確定申告 麒麟さん  2008-10-16 14:35 回答1件
旦那さんの年末調整と私の確定申告 たんさん  2007-12-05 12:54 回答1件
給与収入とは? ななんさん  2013-07-01 21:36 回答1件