今までの人生の中で前向きにつかんだことを振り返ってみましょう - 国府谷 明彦 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:心の不安・性格改善

国府谷 明彦 専門家

国府谷 明彦
厚生労働省認定 産業カウンセラー

- good

今までの人生の中で前向きにつかんだことを振り返ってみましょう

2012/09/27 22:16
(
5.0
)

 こんにちは。カウンセリングセンター聴心館 国府谷です。精神医学や脳神経科学をベースに認知行動療法を中心とするカウンセリングをしています(医師法における診断・治療行為は致しません)。

 ぐるまゆさん,今までいろんなことがありましたね。お父さんのこと,お母さんのこと,アルバイト先でのこと,思い出すと苦しくなる,いやになる,恨めしくなる,そんなお気持ちお察しします。それでも,今まで,無理してでも明るく振る舞ってきた。まずは,よくここまで頑張ってきたと,言ってあげたいと思います。

 ひとつ大事なことをお話ししましょう。ぐるまゆさんは,いろいろ苦しい過去を過ごしてきた。でも,ぐるまゆさんは,そんな目に遭うような悪いことは何ひとつしていないのです。これがどういう意味かわかりますか? 悪いことをしてそういう目に遭うのなら,これは仕方がない。原因と結果だから。でも,ぐるまゆさんはそうではない。たまたま,22年間もそういう環境にいる羽目になったと言うことです。

 100メートル障害というのが陸上競技にあります。ただ100メートル走るのではなくて,途中にハードルがいくつもある。それを思い描いてみて下さい。走っていると,ハードルがそこにある。走っている人が,何か悪いことをした訳でも,良いことをした訳でもなく,不幸だからでもなく,幸福だからでもなく,ただただそこに,事実としてハードルがあるんです。

 ぐるまゆさんの場合は,お父さんとの関係で起きたことも,両親の離婚も,お母さんとの同居の中での出来事も,アルバイト先での苦しかったことも,目の前にハードルとして出現しただけのことです。ぐるまゆさんの中に問題がある訳ではない。出現したハードルだから,とにかく飛び越えないといけない。ぐるまゆさんも笑顔で明るく過ごしたのですよね。それは,がんばってハードルをとんできたと言うことです。

 誰もほめてくれないかもしれない。でも,ぐるまゆさんが頑張ってきたことは事実です。今気がついて欲しいことは,ハードルが不幸だったということではなく,自分のまいた種でもないのに,その状況でよく頑張ったということです。だから,私はほめてあげたいと思います。

【字数の関係で,補足に移ります】

補足

 ハードルと書きましたが,これは実際には「人生の課題」と呼べるものです。生まれてから22年間,ぐるまゆさんには,課題が出されていた。それを一生懸命考えてきた訳です。課題だから,答えが必要になる。つまり,ぐるまゆさんにとって,どんな「前向きな気づき」があったか,それが答えです。

 今までの苦しい中で,ぐるまゆさんが前向きな何をつかみ取ったか,それに気づけばこの課題が終わる訳です。「心の中は苦しくても明るく振る舞うことを覚えた」のかもしれません。「親離れをして,ひとりで自立することを覚えた」のかもしれません。これは,ぐるまゆさんにしかわからないことなのです。振り返ってよく考えてみて下さい。

 そして,気づきによって,新しい人生のページがめくられます。気づいたことをいかして,次のご自分の人生を歩んでいって下さい。苦しいことは不幸の原因ではありません。苦しさは気づきをもたらし,人生を前に進めることなのです。気づけば苦しさが消えていきます。もし,「気づいたけれど苦しさは変わらない」ときには,なにか別のことに気づく必要があると言うことです。

 ぐるまゆさんは,22年間頑張ってきた。それに,この状況はぐるまゆさんのせいで出現したのではない。そして,これまでのことは,苦しかったけれど,決して不幸なことではなく,人生の課題だった。そこでつかんだものがある。

 さあ,ぐるまゆさんのこの先には何があるでしょうか? 何ができるでしょうか? それを前向きに考えていきましょう。いつでも応援しています。困ったときには相談にのります。素敵な未来を祈っています。

聴心館WEBサイト http://www.choushinkan.com

環境
人生
自分

評価・お礼

ぐるまゆ さん

2012/09/28 18:05

回答ありがとうございます。
お礼が遅くなり申し訳ありません。
ハードルのお話を読んで、とても納得しました。私は心の中で、やっぱり自分が悪いのか・何故こんな目にあうのかと、辛いことの原因や犯人を突き止めようとしていた事に気付きました。誰が悪いのでもなく、不幸でもなく、ただ課題を出されていたのだと考えると、少し心が軽くなりました。
そこで私が掴んだもの、気づいたことを考えてみました。
自立することや働くことの楽しさ、明るく振舞うこと、辛くても続けて結果を出したときの達成感。自分が辛いばかりで、楽しいことを忘れていたような気がします。

まだ人と話そうとすると舌がもつれたり、小声になってしまいますが、短期間のアルバイトや、友人のアルバイト先の1日だけのお手伝いをしてみようと思います。

たった1日でこんなに自分の気持ちが変わるとは思いませんでした。
本当にありがとうございます。

国府谷先生のお話を忘れず、これからまた自分の人生の課題をクリアしていけるよう頑張りたいと思います。

お話を聞いて下さりありがとうございました。

国府谷 明彦

2012/09/29 17:52

ぐるまゆさん,メッセージありがとうございます。

 ご自身のつらさ・苦しさについては,たくさん気づきがあったようですね。「まだ人と話そうとすると舌がもつれたり、小声になってしまいます」ということで,次の課題は,「人とどう向き合うか」ということなのかもしれませんね。

 失敗が不安と言うことがあるかもしれません。実は,失敗というのは「ここに工夫が必要」とか「ここに気づきがあるよ」という合図なんです。失敗すると恥ずかしかったり,怒られたり,悔しかったりしますが,それは「一時的な感情」です。

 実はそれがカモフラージュになっていて,「失敗したくない」と思わせて,その先に行かないように仕向けている。でも,大切なことや気づきは「失敗の向こう」にあるのです。一時的な感情をちょっと我慢して,その先に行ってみましょう。大事なこと,素敵なことを得られます。実はもう,ぐるまゆさんはそういう体験をたくさんしているはずです。

 頑張ってやっていきましょう。困ったときは,いつでも相談して下さい。応援しています。

回答専門家

国府谷 明彦
国府谷 明彦
( 東京都 / 心理カウンセラー )
カウンセリングセンター聴心館 聴心館館長

うつや不安・ストレス・悩みの改善に認知行動療法をお勧めします

【うつや不安・ストレスには投薬以外の治療法もあります】認知行動療法を中心として実績重視で,東京青山・仙台・大宮で活動を続けてきました。30年弱の活動歴を生かし仙台から被災地支援面接も実施中。うつや不安,薬の副作用に悩む方も,ご相談下さい。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

外に出るのが怖いです。

心と体・医療健康 心の不安・性格改善 2012/09/27 14:35

はじめまして。
私は22歳で、1年前から引きこもりです。

1年前までは、アルバイトをしながら一人暮らしをしていました。
今は母と、母の恋人の家でお世話になっています。

外に出るのが辛いです。
… [続きを読む]

ぐるまゆさん (大阪府/22歳/女性)

このQ&Aの回答

あなたにしかできないことがいっぱいあります。 藤本 厚二(ファイナンシャルプランナー) 2012/09/27 16:25

このQ&Aに類似したQ&A

両親の身勝手な行動と確執 孤独なうさぎさん  2013-07-10 08:21 回答1件
人間関係、不安感、自己中 サマナさん  2013-05-29 18:15 回答1件
訳が分からない。どうすればいいのだろうか。 通りすがりの暇さん  2012-10-26 01:59 回答1件
どう乗り越えたらいいでしょうか。 yukohiroka2さん  2009-10-06 01:48 回答1件
どうすればよいのでしょうか? おおおさん  2009-04-03 12:39 回答4件