Re:猫の怪我のあとのしこり - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:ペットの医療・健康

Re:猫の怪我のあとのしこり

2012/10/03 10:21
(
5.0
)

一般的な創傷治癒の過程としては、受傷後2~3日でまず炎症細胞の浸潤から始まり、細菌や壊死組織を除去します。続いて受傷後3~5日で線維芽細胞の増殖が始まりコラーゲンの増加や肉芽組織の形成が起こり2~4週間ほど持続します。その後コラーゲンや肉芽組織の減少に伴い瘢痕(傷あと)となり除々に軟化します。

今回の場合は、傷口の下に出来ていることから、創傷治癒の過程における肉芽組織の可能性はあると思います。

腫瘤(しこり)に対する検査についてですが、まず、超音波検査を行ない、その構造、大きさ、範囲、浸潤度合いを確認します。さらに、針を刺して採取した細胞を鏡検することで、化膿巣、炎症性の肉芽組織、腫瘍性病変であるかを判別することができます。

再度かかりつけの先生とご相談の上、診断をすすめていってください。

怪我
腫瘍
治癒

評価・お礼

shizuruko720 さん

2012/10/13 01:39

お礼が遅くなり、本当に申し訳ありませんでした。
あの後、違う病院にかかり、切開せずに薬を一週間飲ませて様子を見ることになりました。
心配のあまり、針でしこりの中身を検査してもらおうかとも思ったのですが、診察の結果、膿ではなさそうとのことでした。
薬を毎日飲ませ、今はすっかりしこりがなくなりました。
●●先生のお話のように、怪我の傷口のだいぶ下に出来たしこりでしたので、膿ではなく肉芽組織だったのでしょうか。
とにかく悪い腫瘍などではなくほっとしています。
●●先生のお話、とても参考になりました。
本当にありがとうございました。
またなにかありましたらどうかよろしくお願い致します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

猫の怪我のあとのしこり

人生・ライフスタイル ペットの医療・健康 2012/09/26 07:37

1歳の猫が、同居猫に爪で引っかかれ怪我をしました。
傷口が小さかったので、消毒をしてそのまま様子を見ていたら、数日後、傷口の下の辺りにしこりが出来ていました。
固い動かないしこりで、大きさは3、4… [続きを読む]

shizuruko720さん (埼玉県/30歳/女性)

このQ&Aの回答

猫の怪我のあとに残ったしこりについて 沖田 将人(獣医) 2012/09/28 14:24

このQ&Aに類似したQ&A

猫の爪が剥がれて無くなっていました maysさん  2015-06-08 12:26 回答1件
肥大型心筋症の猫の予後について キリュウさん  2014-02-23 16:34 回答1件
慢性腎不全の猫の治療について しつもんさん  2013-08-24 17:00 回答1件
膀胱炎 血尿 こせぷぅさん  2013-07-13 12:33 回答1件
子猫 繰り返す嘔吐と食欲不振 n-pincoさん  2012-04-11 20:23 回答1件