猫の怪我のあとに残ったしこりについて - 沖田 将人 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:ペットの医療・健康

猫の怪我のあとに残ったしこりについて

2012/09/28 14:24
(
4.0
)

 はじめましてアレス動物医療センターの沖田と申します。

 さて実際のものを診て、触ってみないととは思うのですが、さすがに引っかき傷を原因とした肉芽種が3~4cmもの大きさになるとは考えにくいです。
 また肉芽種か、膿瘍かは触ればある程度わかるのでは、という気がしますので、主治医の先生が膿瘍を疑われているとすると、どちらかと言うと肉芽種の疑いのほうが低いということではないでしょうか。

 切開が怖ければ、注射針で指して、吸引してみるてもあるかと思いますが、これはしこりの状態次第ですので、主治医の先生が考えた上で選択されると思います。

 稀にですが、喧嘩傷の後の膿瘍がいつまでたっても治らないという場合、中に猫の爪など、何らかの異物が迷入している場合もあります。

 切開は怖いとは思いますが、3~4cmというと、結構な大きさですので、放置して良い問題でもないと思います。

怪我
喧嘩

評価・お礼

shizuruko720 さん

2012/10/13 01:46

お礼が遅くなり、本当に申し訳ありませんでした。
あれから違う病院にかかったところ、先生の診断では膿ではなさそうとのことでした。
ですが、しこりの中身は解らないとのことで、不安なので針で調べてほしいとお願いしたのですが、薬で様子を見ることになり、現在はすっかりしこりはなくなりました。
私も最初は、しこり部分にケンカした猫の爪が入っているのかもしれないと不安になりました。
しこりがなくなったので、異物は入っていなかったとほっとしています。
すぐに返答いただき、本当にありがとうございました。
またなにかありましたら、どうかよろしくお願い致します。

回答専門家

沖田 将人
沖田 将人
( 富山県 / 獣医 )
アレス動物医療センター 院長
0766-25-2586
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

地域に密着したワンランク上のホームドクターを

アレス(Alles)とはドイツ語で「あらゆること」を意味します。インフォームドコンセントの充実、夜間救急診療、年中無休など動物たちの幸せにつながることなら、飼い主様のあらゆる要望にお応えしたい。そんな願いを込めて診療に取り組んでいます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

猫の怪我のあとのしこり

人生・ライフスタイル ペットの医療・健康 2012/09/26 07:37

1歳の猫が、同居猫に爪で引っかかれ怪我をしました。
傷口が小さかったので、消毒をしてそのまま様子を見ていたら、数日後、傷口の下の辺りにしこりが出来ていました。
固い動かないしこりで、大きさは3、4… [続きを読む]

shizuruko720さん (埼玉県/30歳/女性)

このQ&Aの回答

Re:猫の怪我のあとのしこり 苅谷 和廣(獣医) 2012/10/03 10:21

このQ&Aに類似したQ&A

猫の爪が剥がれて無くなっていました maysさん  2015-06-08 12:26 回答1件
肥大型心筋症の猫の予後について キリュウさん  2014-02-23 16:34 回答1件
慢性腎不全の猫の治療について しつもんさん  2013-08-24 17:00 回答1件
膀胱炎 血尿 こせぷぅさん  2013-07-13 12:33 回答1件
子猫 繰り返す嘔吐と食欲不振 n-pincoさん  2012-04-11 20:23 回答1件