保険選びにつきまして - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
山田 聡

山田 聡
ファイナンシャルプランナー

- good

保険選びにつきまして

2012/09/17 05:25

ファイナンシャルプランナーの山田と申します。

保険を検討する際は、まず“加入ありき”ではなく、
“加入の必要性が有るか”、から検討されてはいかがでしょうか。

死亡保障は、ご相談者に万が一の事が有った場合、
遺族の収入と支出を見積もり、不足が有った場合にのみ保険を検討します。

支出は主に遺族の生活費、教育費、葬儀費用等です。

収入は、遺族基礎年金、遺族厚生年金、中高齢の寡婦加算、
死亡退職金、奥様の収入などです。

これに現在の貯蓄を加え、そのうえで不足があれば、
その分だけ保険を検討することになります。
このような計算をしたうえで、正しい必要額を見つけましょう。

医療保険の検討にあたっては、社会保険制度や
会社員であれば加入している健康保険組合の制度を知ることが重要です。

日本には高額療養費制度があるため、
医療費の月額の上限が設定されています。
公的医療保険の対象となる治療であれば、
月に100万円の医療費が発生したとしても
支払いは9万円弱に収まります。

また、加入している健康保険組合に
上乗せ給付が有る場合には、更に負担は低くなります。

このようなことから、医療保険に加入せず、
その分を貯蓄するという方法も選択肢のひとつです。

保険料を貯蓄に回しておけば、何事もなければ資産として増えます。
また万が一入院した場合でも、
高額療養費制度で上限が決められているため
貯蓄でも対応できるという考え方です。

医療保険は入院1日当りで給付金が支給されますが、
若い間は罹患リスクや長期入院のリスクは低いうえ、
入院日数自体も年々短縮化されていることも考慮しましょう。

人によっては、生涯に支払う保険料は相当な金額になります。
それは、無駄な保険料を削減できれば相当な金額の貯蓄が可能とも言えます。
後で後悔のないように十分ご検討されてください、

以上、わずかでも参考となれば幸いです。

山田FP事務所 http://www.yamadafp.com/
山田 聡

保険
医療保険
保険選び

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

初めての保険選び

マネー 保険設計・保険見直し 2012/09/16 21:09

初めまして。
8月末に子供が生まれ、本格的に保険に加入しようと考えています。
現在、30歳の男です。
保険のことは分からないことばかりでどれに入ろうか悩んでいます。
とりあえずアフラックに行っていろいろ… [続きを読む]

たくみんさん (神奈川県/30歳/男性)

このQ&Aの回答

運用重視の保険選び 渡辺 美晴(保険アドバイザー) 2012/09/17 12:02

このQ&Aに類似したQ&A

共働き、子供一人の保険プラン TommyUKさん  2012-05-13 00:30 回答1件
保険の見直しを検討しています ビーストさん  2013-01-22 15:34 回答1件
生命保険の見直しについて(定期or終身) 職員999さん  2009-12-15 00:08 回答4件
第一子が生まれるので保険の見直しをかけたいです ankoromochiさん  2013-02-14 11:17 回答2件
保険の見直しについて、教えてください かわママさん  2009-05-30 23:58 回答5件