家計と生命保険 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
渡辺 美晴

渡辺 美晴
保険アドバイザー

- good

家計と生命保険

2012/09/17 12:42
(
5.0
)

こんにちは
保険アドバイザーの渡辺です。

3連休も最終日になりました。
楽しんでますか?

人生1度きりということをお忘れなく。

マネー誌やいろいろな情報、ニュースなど
暗い話題が多いですが、あなたまで暗くなる必要はありません。
将来は不確かなもので、将来を安心させるのはご自身の考え一つです。
保険や収入ではありません。

保険はあくまでより良い未来をイメージしてる方に、
不測の事態が起こってもなんとかイメージ通りの人生を
歩んでいけるようにするための後ろ盾です。

ところで
夫の生命保険の額を真面目に計算すれば1億をゆうに超えます。
当たり前ですよね。年収300万円で精いっぱいとして、平均余命を考えると
(35歳女性は平均52.11年生きます35歳男性は45.55年)
45年くらいは二人で生きるわけですから300万円×45年=13500万円
さらに女性はそこから7年くらい生きますのでもっとお金が要ります。
実際にはここから社会保険からの収入、退職金などが差し引かれます。

これは何のお金でしょうか?
ご主人に万一があった場合、妻(あなた)が一生何もしないで人生を
全うするために必要なお金です。

実際には、働くでしょうし親類縁者を頼って生活費を節約もするでしょう。

計算上の保険金額と、実際のライフプラン(あなたの人生)で用意する保険金額は
違っていいのです。もし生命保険で期待通りの保険金額を準備できなければ、
ちょっと大変かもしれませんが、他の手段を考えてみることです。
資格を取っておいていざという時には働く準備をしておく
ご両親や御兄弟、親せきと疎遠にならないよう常日頃から交流を大切にする
人脈を広げるなどなど・・・・
お子様は半ばあきらめていらっしゃるとのことですが、自分の老後には親はいません
その時はお子様たちが助け舟を差し伸べてくれるかもしれません。

退職する場合も再就職可能な形で退職してはいかがでしょう。
実は高齢化の進展にともない退職女性の再雇用機会は増える傾向です。
退職を焦らず、仕事してる今のうちにできるだけスキルアップを考えると
良いでしょう。

保険云々より、まず落ち着いてライフプラン(人生設計)を立てるのが先です。
ぜひ良いプランを考えてみてください。

保険コンサルティングオフィス
有限会社ワークソリューション
代表 渡辺

http://www.work-sol.com

生命保険
人生設計
ライフプラン

評価・お礼

noriri さん

2012/09/28 23:45

お礼が遅くなり申し訳ありません。
保険以外のことで備えるというのも確かに重要ですね。
主婦にあこがれがありなんとか…と思ってばかりいたのですが、
仕事でも少しでもスキルアップを図って、少ないながらも
長期間収入が得られるよう努力していきたいと思います。
ありがとうございます。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

専業主婦家庭の生命保険

マネー 生命保険・医療保険 2012/09/16 03:48

夫婦二人で、現在は共働きですが、いずれ夫の働きをメインにして、
専業主婦になるかどうか考えています。

当面は子どもの予定はありません。
(経済状態が厳しいため、なかば子どもはあきらめています… [続きを読む]

noririさん (大阪府/37歳/女性)

このQ&Aの回答

専業主婦の生命保険について 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2012/09/16 09:13

このQ&Aに類似したQ&A

長割終身と長割定期について ジュウザさん  2012-09-26 13:33 回答2件
私は民間医療保険に加入すべきでしょうか? ドウシヨウさん  2010-10-13 17:45 回答4件
医療保険に入るべき? Ma-Sannさん  2009-06-09 00:53 回答9件
結婚後の夫婦の生命保険について教えてください はんなり梅さん  2008-03-31 14:38 回答5件