この経験を次に活かしましょう。 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:労働問題・仕事の法律

葛西 幸浩

葛西 幸浩
経営コンサルタント

3 good

この経験を次に活かしましょう。

2012/10/18 18:48

こんにちは。
ビジネス・コンサルタント、パーソナル・コーチの葛西と申します。

まず、原則論として、
verdeさんが「誓約書」に書かれていた、就業規則遵守という項目により、就業規則の開示を求めたことは、法的、手続き的にも正しい判断です。

新卒採用で、入社前研修のあるような企業ですと、研修に就業規則の説明を行う場合もあります。

次に、一般論としては、
中途採用、中小企業の多くは「誓約書」「身元保証書」などの手続きが先になり、入社後に「就業規則」「服務規程」、「業務マニュアル」を渡すことがほとんどと認識しています。

このことに企業側は問題意識を持っていません。

就業規則は

●「就業規則は従業員の代表と会社の協議、合意により定められる」というものであるので、企業側は「今現在在籍している社員もこの規則で働いているのだから」という「採る側の理論」で考えがちです。

●就業規則は制定時、改定時に会社、従業員代表が連名で署名、捺印し、管轄する労働監督署に届け出る必要もあります。

これらの理由から、入社手続き後に就業規則を渡すことは一般的となっています。

それよりも、現在のような雇用環境の厳しい時代には、就業規則の内容よりも「就業規則を会社が遵守しているか」ということのほうに重点を置く必要があります。

ただ、外部からは判断しにくいため、面接時の社員の状態、面接官の対応、求人票と説明、労働契約書の一貫性などで判断することになるでしょう。

むしろ私は「事前に聞いていたことと異なった内容(就業時間や給料など)が少しあったのですが・・・」という件が気になりました。

これは推測ですが、その会社が過去に就業規則や雇用条件に関して従業員と労働争議があったのではないかと思われます。そのため、「就業規則の入社前開示」ということに過剰に反応した結果ではないかとも思われます。未払い残業代の請求に企業も神経質になっていることもあります。

「条件が完璧な会社はない」というverdeさんの言葉が救いです。
この経験を活かしverdeさんにとって魅力的で、やってみたい仕事に出会えるよう、活動してください。周囲にも良いアドバイスをしてくれる人がいるので、今後は重要な判断の前に、相談してみてはどうでしょうか。

やりたいことがあるということは、すばらしいことです。前向きに「次」の段階に行きましょう。

相談
中途
入社
条件
採用

(現在のポイント:4pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

契約内容が曖昧なので諦めた仕事

キャリア・仕事 労働問題・仕事の法律 2012/09/11 17:49

前職(アルバイト)を自己都合で退職し、正社員で働ける仕事をと思い就職活動をしてきました。
先日、ある企業から採用の電話を頂き、契約書等にサインをして送り返して下さいとのことだったので、… [続きを読む]

verdeさん (京都府/27歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

せっかく入社したのに困惑しています kurusuさん  2013-05-19 18:44 回答1件
雇用条件について悩んでいます。 芽衣さん  2013-09-19 02:28 回答1件
慰謝料等の請求は可能でしょうか? まっすんさん  2013-12-05 06:24 回答1件
秘密保持と競業避止 まきとさん  2008-07-21 07:13 回答1件
退職に対して損害賠償を請求されそうです kyoumoameさん  2012-10-31 18:52 回答1件