特別受益と寄与分 - 平 仁 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

特別受益と寄与分

2012/09/10 10:53
(
4.0
)

コブラおじさん、はじめまして。
ABC税理士法人の税理士で平と申します。

お母様を亡くされたとのこと、ご愁傷様です。

さて、ご質問の件については、2つの論点に分かれてきます。

まず、お姉様がお母様から生前贈与されたという
カブあるいは投資信託についてです。
これは、特別受益(民法903条第1項)に当たる可能性があります。

お姉様が贈与を受けたカブあるいは投資信託が
「生計の資本として贈与を受けた」もの、
つまり、生活に必要な資金として贈与されたものであれば、
特別受益に該当し、
贈与されていた分を相続財産に加えて計算した相続分から、
この贈与されていた分を引いた金額のみしか相続できませんよ、
という規定があるんですね。

これが特別受益に該当するケースであれば、
残りの財産に対するお姉様の取り分は減ることになりますね。

また、家屋の建設費を負担されていたとのことですが、
これは寄与分(民法904条の2)に当たるかもしれません。

お母様の「財産の維持又は増加について特別の寄与」がある場合、
このケースは、建設費の負担ということになりますが、
相続財産に「相続人の協議によって定めた」
寄与分を引いて計算した相続分に、
寄与分を加えた金額が相続できますよ、
という規定になっているんですね。

また「協議が調わないとき、又は協議をすることができないとき」は、
家庭裁判所の審判を求めることができる規定
(民法904条の2第2項)になっています。

いずれにしても税理士が行うことが出来る業務範囲を超えており、
弁護士さんにご相談頂きたく存じます。
各地の法テラスにお問い合わせ頂ければ、
弁護士による無料相談等がございます。

よろしくお願い致します。

税理士
贈与
生前
財産
相続

評価・お礼

コブラおじ さん

2012/09/11 03:46

平様。早速の回答ありがとうございます。おぼろげに希望が見えた気分です。いずれにしても法的な詰めが必要なんですね。分ったので、何とかしたいと思います。

回答専門家

平 仁
平 仁
( 東京都 / 税理士 )
ABC税理士法人 税理士
03-5850-2331
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

企業の税務対策、自計化サポート!「下町の頼れる税理士」です

刻々と変わる経済情勢や法律に対応しながら、体系的な法律知識を持って、企業様の税に関する不安を解消し、安心できる節税対策を行います。お客様と直接お会いし面談しながら、企業内での自計化など、適切な会計処理を含めた税務指導を行っています。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

遺言から遺産を取り戻したい。

人生・ライフスタイル 遺産相続 2012/09/09 01:02

母一人に二人の姉弟です。母親は父の残した家屋に一人で、姉夫婦は近くに、私は地方に住んでいます。母親が死に、遺言が出てきたのを姉から知らされたのですが、生前の約束と違い、土地建物は姉に、別… [続きを読む]

コブラおじさん (千葉県/64歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

遺産の分け方 gohanippaiさん  2014-01-28 13:00 回答1件
父の遺産と母の預金について sarusan11さん  2013-07-18 13:24 回答1件
父の遺産と母の預金について sarusan11さん  2013-07-17 14:03 回答1件
遺産相続について cbt19180さん  2011-04-19 11:58 回答1件