夫の住宅ローン控除は厳しいでしょう - 平 仁 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

夫の住宅ローン控除は厳しいでしょう

2012/09/04 11:28

takahさん、こんにちは
ABC税理士法人の税理士で平と申します。

懸念されている通り、土地のみを夫名義で借り入れをした場合、
夫は住宅ローン控除を受けることができないと考えられます。

住宅ローン控除は、「住宅の用に供する家屋」等の取得や増改築等に際して、
「当該住宅の取得等に係る」借入金がある場合に認められる所得控除です。
したがって、土地のみの取得の場合には、控除対象外になってしまうのです。

ご質問のケースですと、土地は夫、家屋は妻、ということでしょうから、
住宅ローン控除の対象は奥様だけということになると考えられます。

共働きのケースですと、
土地と家屋のそれぞれの所有権を、資金の負担割合で分割して、
それぞれで借り入れをして、お二人とも住宅ローン控除を受ける、
というケースが多いように思います。

確かに、ご懸念のように、抵当権設定が土地と家屋の双方に必要なため、
登記費用が余計にかかります。
そのため、収入の多い方(多くは夫)が双方を設定し、
もう一方は家屋のみ、というケースも多いようです。

ただし、この場合、土地の所有権は夫のみ、家屋の所有権割合は、
按分計算で妻が多くなる、というケースが多くなります。
(妻の自己資金で土地の一部を購入すれば、土地の所有権も按分できますが)

それぞれ一長一短がありますので、よく考えてご決断頂きたく存じます。

所有権
増改築
土地
住宅ローン控除
住宅ローン

回答専門家

平 仁
平 仁
( 東京都 / 税理士 )
ABC税理士法人 税理士
03-5850-2331
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

企業の税務対策、自計化サポート!「下町の頼れる税理士」です

刻々と変わる経済情勢や法律に対応しながら、体系的な法律知識を持って、企業様の税に関する不安を解消し、安心できる節税対策を行います。お客様と直接お会いし面談しながら、企業内での自計化など、適切な会計処理を含めた税務指導を行っています。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

【要旨】
・土地代金を夫名義ローンで組み、建物代金を妻名義ローンで組んだ場合に、
 それぞれの住宅ローンで減税を受けることができるのかどうか?

【前提】
… [続きを読む]

takahさん (東京都/30歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

贈与税の非課税制度(住宅)の手続き つんつんちゃんさん  2010-12-08 08:21 回答1件
住宅ローン減税に持分比率は関係ありますか ねこきちちゃんさん  2009-01-21 09:01 回答1件
住宅ローン控除の確定申告について あやあやさん  2008-03-05 22:35 回答1件
年末調整の住宅ローン控除申告書の計算方法について マロン28さん  2015-11-18 23:26 回答1件
子供の扶養について教えてください。 花子と太郎さん  2011-08-03 22:35 回答1件