家屋持分が少しでもないと住宅ローン減税は受けられません - 三島木 英雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
三島木 英雄 専門家

三島木 英雄
ファイナンシャルプランナー

1 good

家屋持分が少しでもないと住宅ローン減税は受けられません

2012/09/04 16:44

takah様

ご自宅を新築予定とのこと、おめでとうございます。
ご質問の住宅ローン減税ですが、ローンの組み方が少々珍しいですね。

以下、土地3,000万・建物2,000万の総額5,000万と仮定してお話します。

まず結論から申し上げると、ご主人様が土地だけのローンの場合
住宅ローン減税は受けられません。

住宅ローン減税は「家屋ないし土地家屋」が対象になります。

奥様は家屋のローンを負担しますので、住宅ローン減税が受けられます。
建物2,000万×1%、10年

住宅ローン減税をお二人で受けるためには
ご主人様に建物の持分が必要です。
抵当権設定等の諸費用のため、その方法を使われたくないとの事ですが
2人で住宅ローン減税を受ける為にはご主人様に「家屋」の持分が必ず必要となります。

追加の抵当権設定費用と、住宅ローン減税で受けられる
所得税還付の額を比較してみては如何でしょうか?

普通の方法としては
ローン返済余力に応じまして持分を決め土地・家屋を持分で共有します。
その上でローンを2本組み、お互いのローンに対しての「連帯保証人」になる
方法がよろしいかと思います。

仮にご主人様が5,000万に対して総額3,000万のローン、奥様が2,000万のローンで
ある場合、土地建物をご主人3/5、奥様2/5で持つイメージです。


連帯債務と違い、お互いの債務に対してはあくまで保証人という立場ですので
現状の、土地と建物を分けたローンと特に差はありません。


takah様の住宅取得のご参考になれば幸いです。


株式会社FPリサーチパートナーズ
http://www.fp-research.jp/

抵当権
連帯保証人
所得税
住宅ローン
保証人

回答専門家

三島木 英雄
三島木 英雄
( 神奈川県 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社FPリサーチパートナーズ 代表取締役
044-814-3553
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

理想のライフスタイルを現実化するファイナンシャルプランナー

「住まいと暮らしに新発想」をテーマにお客様に様々な選択肢を提供しております。お客様により「理想」は違います。実経験を基に「不動産・相続」等の難しい問題から、知って得する「ライフプラン・保険」情報まで幅広くアドバイス・問題解決させて頂きます。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

夫婦別(土地:夫、建物:妻)の住宅ローンとした場合の減税可否

マネー 住宅資金・住宅ローン 2012/09/04 01:08

【要旨】
・土地代金を夫名義ローンで組み、建物代金を妻名義ローンで組んだ場合に、
 それぞれの住宅ローンで減税を受けることができるのかどうか?

【前提】
… [続きを読む]

takahさん (東京都/30歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

フラット35と他ローンの併用について pino-cooさん  2011-09-01 23:47 回答2件
住宅ローンをつかって注文住宅を建築する場合 flutistさん  2010-10-05 15:52 回答4件
住宅ローン控除は受けれますか? あきちゃんSPさん  2013-06-03 08:29 回答1件
親族住居の住宅ローン借換え としおとこさん  2012-05-08 11:56 回答1件