情報が足りません。外注でしょうか?店舗内装でしょうか? - 平 仁 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:会計・経理

情報が足りません。外注でしょうか?店舗内装でしょうか?

2012/08/29 13:44

ABC税理士法人の税理士で平と申します。
よろしくお願い申し上げます。

さて、お問い合わせの件でございますが、
情報が不十分のため、教えて頂きたく存じます。

開業時に建設会社へ着手金を300万円をお支払し、
開業後に残金100万円をお支払いになられたとのことですが、
この代金は、外注工事としてお願いしたものなのでしょうか?
それとも、自社の店舗内装等のために、工事を依頼したものなのでしょうか?

まず、kuutannさんが建設業者等で、請け負った工事を自社でやりきれないので、
同業者に外注を頼んだ、というケースでは、

開業日  (借方)外注費 300万円 (貸方)現金  300万円
残金支払日(借方)外注費 100万円 (貸方)現金  100万円

となります。この方法を現金主義といい、実務的には一般的方法です。

または、

開業日  (借方)外注費 400万円 (貸方)現金  300万円
                      未払金 100万円
残金支払日(借方)未払金 100万円 (貸方)現金  100万円

となります。こちらは発生主義といい、理論的に正しい仕訳方法です。
ただし、会計の知識がない方にはあまりオススメしません。

開業前のお支払いも、会社は開業までは存在しませんし、
個人事業でも、事業自体は開業までは存在しません。
仕訳上は開業日の仕訳になるわけです。

また、店舗内装等の工事を依頼したものである場合には、

開業日  (借方)建設仮勘定  300万円 (貸方)現金    300万円
残金支払日(借方)建設仮勘定  100万円 (貸方)現金    100万円
     (借方)建物付属設備 400万円 (貸方)建設仮勘定 400万円

となります。建設仮勘定を立てずに直接、建物付属設備で記帳する場合には
最後の仕訳は不要です。

また、発生主義会計であれば、

開業日  (借方)建物付属設備400万円 (貸方)現金  300万円
                        未払金 100万円
残金支払日(借方)未払金   100万円 (貸方)現金  100万円

となります。

このどちらでもないということであれば、また再質問をして頂ければと思います。

建設業
税理士
仕訳
記帳
会計

回答専門家

平 仁
平 仁
( 東京都 / 税理士 )
ABC税理士法人 税理士
03-5850-2331
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

企業の税務対策、自計化サポート!「下町の頼れる税理士」です

刻々と変わる経済情勢や法律に対応しながら、体系的な法律知識を持って、企業様の税に関する不安を解消し、安心できる節税対策を行います。お客様と直接お会いし面談しながら、企業内での自計化など、適切な会計処理を含めた税務指導を行っています。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

開業時の仕分け

法人・ビジネス 会計・経理 2012/08/27 11:26

よろしくお願いします。
個人事業を開業しました。弥生の青色申告を使用していますが、最初から経理で困っています。

開業前に建築会社と契約して 400万ということで着手金を300万支払いました。
その後開業し… [続きを読む]

kuutannさん (香川県/42歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

個人事業主開業届け提出の適切なタイミング mikamさん  2008-10-15 21:22 回答1件
個人事業主:経費計上の範囲を教えてください。 とまてぃさん  2008-06-27 01:27 回答1件
個人事業主のアルバイト契約 jijyさん  2007-12-30 20:54 回答1件
ライセンス料の計上 かつちさん  2015-06-29 13:45 回答1件