お金の借り方 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

渡辺 美晴

渡辺 美晴
保険アドバイザー

1 good

お金の借り方

2012/08/27 11:11
(
5.0
)

こんにちは
保険アドバイザーの渡辺です。

保険と関係ないご質問ですが、マネープロとして参考情報を提供いたします。

お金を借りるときは、貸してもらうことに心を砕きますが、
借りた後の方がよっぽど重要ですよね。
急きょとはいってもいろいろなところに相談してみることが良い結果を生みます。
慌てて安易なお金の借り方をすると、返済で苦しむことになります。
急いでも決して慌てないでじっくり資金調達してください。

年収が300万円程度でも、借入れの目的と返済見込みがしっかり確認できれば
借入れは可能でしょう。臆せず相談することが第一歩です。
金融機関によってはホームページなどで返済シミュレーションも
出せるものがありますので、返済計画を立てる際の目安にしてみると良いでしょう。

借入の金融機関ですが、
銀行といっても、都銀、地銀、信金があります。
銀行以外にも協同組合などでも相談のってもらえます。
相談や金利の確認は1か所ではなくそれぞれの金融機関に出向き相場感を
つかんでおくとよいでしょう

また、意外とみなさん御存じないのが日本政策金融公庫。
教育ローンなど私的なローンから事業者向けの本格的なローンまで
幅広く扱っています。
他の金融機関同様にまずはホームページで情報収集してみてください。

どこで借りるにしても、借入目的としっかりした返済計画は必要です。
また、担保や保証人の確認のほか場合によっては、
最近の納税状況や水道料金、電気代の支払い状況などもチェック対象です。
あらかじめ整理しておくと提示を求められた場合にもスムーズです。

借り先ですが、500万円程度なら、1か所で十分です。
分けても意味がありません。面倒が増えるだけです。

また、固定金利か変動金利かについては、今はもともと金利が低いので、
長期間にわたって返済するのでしたら固定金利が安全かもしれません。

借入れは貸す側と借りる側の両方の信用で成り立ちます。
ですから、それなりに手間もかかります。
くれぐれも手続きが楽だからという理由で借り先を選ばないようご注意ください。

以上簡単で恐縮ですが参考になれば幸いです。


保険コンサルティングオフィス
有限会社ワークソリューション
代表 渡辺
http://www.work-sol.com

保険アドバイザー
資金調達
マネー
教育ローン

評価・お礼

iroha さん

2012/08/27 16:30

ご回答どうもありがとうございます。

お金を借りるといういう事自体初めてで、全く知識がなくすごく不安でした。

借り方のアドバイスと借り先のご紹介、用意しておいた方が良い資料まで詳しくアドバイスして頂いてとても勉強になりました。

早速ホームページなどで調べてみます。

本当にありがとうございました!

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

お金の借り方について

マネー 家計・ライフプラン 2012/08/26 13:54

急遽お金が必要になり、500万程必要になりました。

どこにどう借りたら返済リスクが少なく済むのか良く分かりません。
(銀行とか、TVでおなじみのレイクとかアコムとか?)


まとめて一か所で借り… [続きを読む]

irohaさん (大阪府/39歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

家計相談お願いします。 iku19さん  2016-08-26 13:34 回答1件
繰上返済の注意点は? カエルゲコゲコさん  2011-09-30 19:34 回答3件
年の差夫婦の人生設計で悩んでいます。 tanabeさん  2009-12-30 18:14 回答5件
住宅ローンの返済軽減で、浮いたお金の用途は? 花みずきさん  2009-11-22 02:22 回答5件
預貯金と繰り上げ返済のバランスについて ありさんさん  2009-07-29 16:28 回答5件