ありえますが、解析の上、他の要因も含め判断することが重要です - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
谷口 浩一

谷口 浩一
Webプロデューサー

1 good

ありえますが、解析の上、他の要因も含め判断することが重要です

2012/08/22 07:47

アクセス解析や導線分析、あるいはユーザビリティ(使い勝手の
良し悪しとお考えください)に関する定性評価などを実施するこ
とで、課題、問題を特定できるようなら、サイトの再生は可能で
す。



こんにちは。
チームデルタの谷口です。



サイトを評価する指標はいくつかありますし、arigedarouji さん
が関わるサイトの利益につなげるための評価手法を定義すること
も可能なはずですので、ここで、


【アクセス数の増減】


だけをテーマにするのは必ずしも妥当ではない可能性があるの
ですが、いずれにしても、arigedarouji さんが懸念されるアク
セス数の減少に至らしめる要因は以下のようにいくつか考えら
れます。


1.ページ増加によるユーザビリティの低下
2.記事の質の低下あるいは類似サイト登場による読者離れ
3.サービスやビジネスモデルの成熟期、減退期入り
4.Google の評価ダウン



1、4についてはリニューアルで解決できる可能性が大きい
と思います。
ユーザビリティ低下によりアクセス数が減少したケースは、
いずれの業界においても多々あります。

2、3は、ビジネスの本質的な問題です。
サイトのリニューアルだけで解決することは不可能です。

4は、米Googleが2012年7月18日に実施したことをアナウン
スした、コンテンツ品質を適切に評価するための検索アルゴリ
ズム更新で通称「パンダ・アップデート」と呼ばれるものです。

特にメディア系、ニュース系サイトでは注意が必要で、
記事(主コンテンツ):広告:関連リンクの割合 に関して


・記事本文が薄っぺらい
・バナー広告が多い
・他記事へのリンクが多い


ようなケースでは、評価ダウンを受け、結果的に検索結果に表示
される順位が下がり、サイトへの流入数が低下することが懸念さ
れます。
上記3つの要素の量はあくまで相対的です。
ページに占めるそれぞれの面積でその良否を判断するのも1つの
手法かもしれません。



ご参考になれば幸いです。


チームデルタ
谷口浩一

アクセス解析
コンテンツ
品質
課題
評価

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

コンテンツ量増加でアクセス数が低下することはありえる?

法人・ビジネス ホームページ・Web制作 2012/08/22 05:09

とある小規模なサイトにてフリーランスとしてライターをしているものです。
普段は執筆仕事が多く、Webに関する知識はそれほど高くありません。
間違いがあればご指摘くだ… [続きを読む]

arigedaroujiさん (大阪府/24歳/男性)

このQ&Aの回答

コンテンツ量が増えるのはいい事ですが・・・ 武本 之近(Webプロデューサー) 2012/08/22 10:59

このQ&Aに類似したQ&A

夫が独立した(web会社)妻です。 もっち吉さん  2013-06-23 03:37 回答5件
ウェブ制作契約を打ち切られました。 tg201さん  2012-06-01 23:05 回答2件
フリーでやっていける条件って。 mikoriさん  2011-10-27 22:08 回答3件
会員制コンテンツ配信のセキュリティについて 黒王さん  2009-06-05 17:42 回答3件