中古住宅のリフォーム - 小松原 敬 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

中古住宅のリフォーム

2012/08/20 13:24

横浜の設計事務所です。

中古住宅のリフォームは最近増えている事例です。
質問者さんのように購入してリフォームしたり、長くお住まいのご自宅を
リフォームしたり、ご両親や親族かた引き継いだりと様々です。

購入時のリフォームの場合は住宅ローンが使えますが、お住まいの家の
リフォームの場合にはリフォームローンになりますので条件の違いなどを
確認しておく必要があります。

私は横浜市の耐震診断士をしていますが、昭和56年以前に建築された家の場合
は、旧耐震と言いまして耐震上に問題があります。
昭和56年以降であっても、法律の改正によって内容はどんどん変わってますので
耐震診断は必要です。

旧耐震の家の場合には、リフォーム時には耐震改修を合わせて行う必要があります。
ただ、スケルトン・リフォームといって内外装をすべて剥がして行うリフォームを
行うと、耐震・断熱・間取り等もすべて新築と変わらないレベルの改修ができるので
中途半端に新しい場合より結果はいいです。

住宅再生リフォーム
http://office-ew.com/resuscitate.html


もし、耐震改修をしていない場合はとりあえず耐震診断が必要だと思われます。
また、それと同時にこうしたらいかがですか?という感じの提案はできます。
現地調査も兼ねて10万円ほどで同時にできると思いますのでご連絡いただければ
ご相談できます。



<あーす・わーくす http://office-ew.com

補足

もし横浜市にお住みでしたら、昭和56年以前の在来木造住宅は無料で耐震診断を
受けることができます。
耐震リフォームには補助金も出ます。(ただし、現状は混み合っていて手続きに
非常に時間がかかります)
他の自治体でも耐震診断に補助があるところが多いので、もしまだ診断した事が
ないようでしたらお奨めします。

中古
リフォーム
住宅
耐震
再生

回答専門家

小松原 敬
小松原 敬
( 神奈川県 / 建築家 )
一級建築士事務所 オフィス・アースワークス 代表
045-314-5360
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

富士北山の木で家を建てませんか

富士の裾野で育った産地直送の天然乾燥無垢材を使って、エコで健康的な家造りをしませんか。無垢材対応金物工法・特殊ビスによる5倍耐力壁で、耐震等級3でありながら風と光が通る大開口をもつパッシブデザインの家がリーズナブルに建てられます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

建て替え?リフォーム?すぐには施工するお金ないのですが…

住宅・不動産 住宅設計・構造 2012/08/19 10:13

築40年の中古住宅を2年前に購入し、一応のリフォーム後住んでいます。

が、購入当時、なんだかバタバタとリフォームし、とても中途半端な間取りで作ってもらっ… [続きを読む]

かえるままさん (神奈川県/44歳/女性)

このQ&Aの回答

直近の方が良いとは思いますが可能です 角倉 剛(建築家) 2012/08/19 11:28
施工時に設計する 吉田 武志(建築家) 2012/08/20 15:16
建て替えかリフォームか 志田 茂(建築家) 2012/08/19 15:39

このQ&Aに類似したQ&A

買い替えか賃貸か、又は建て替えか? 富士山1さん  2015-11-13 22:53 回答1件
将来同居。既存の土地建物をどうしたらよいでしょうか びいどろさん  2008-09-30 17:12 回答3件
建替かリフォームか悩んでいます KOOL.BOOSTさん  2008-08-17 11:24 回答8件
予算からの見積りオーバー ブーケさん  2014-10-25 10:01 回答4件