減額の申立は可能です。 - 小林 政浩 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

減額の申立は可能です。

2012/08/07 01:01
(
5.0
)

昨日一度回答したつもりでしたが、反映されていなかったようですので改めてお答えします。

養育費の再度の減額調停は可能です。

離婚当時、あるいは、一度行った減額調停後に新たに事情が変わったのであれば、改めて減額調停を申し立てることは可能です。

前回行った減額調停の時に、「養育費」並びに「解決金」についてどのように条件の変更がされたのかをきちんと確認すべきと思います。

ただ、「解決金」については「養育費」と違い基本的には一度決めた総額が変わることはありません。

養育費はその時々の父母の収入や家族の構成などの事情によって変更の理由になりますが、解決金は離婚時に離婚の条件として取り決めるものだからです。

解決金については、一度決めた支払い方法が変わることがあるとしても、支払総額が変わることは普通はありません。

ただ、相手方が現在のご夫婦の事情を考慮して減額や免除をする可能性はあります。

調停は話し合いです。

相手が応じるならある程度は柔軟に変更することは可能です。

現状で生活することが困難であるなら、速やかに調停の申し立てをするのが良いように思います。

場合によっては法テラスの法律扶助制度を利用できる可能性もあると思います。

一度法テラスの法律相談利用してみてはどうでしょうか?

法テラス HP

http://www.houterasu.or.jp/

法テラス 携帯サイト

http://www.houterasu.or.jp/k/

法テラス サポートダイヤル

0570-078374(おなやみなし)
PHS・IP電話 03-6745-5600
平日 9:00-21:00
土曜 9:00-17:00

相談
養育費
離婚

評価・お礼

iroha さん

2012/08/13 22:40

一度ご回答頂いているのにすみません。
再度のご回答ありがとうございました。







星つけ忘れていたので…大変失礼いたしました。

回答専門家

小林 政浩
小林 政浩
( 北海道 / 行政書士 )
小林行政書士事務所
0166-59-5106
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

離婚協議書・内容証明などの書面作成はプロにお任せ下さい。

当事務所では、書面作成の際は必ず依頼者に文面の内容を確認いただきながら書面を完成させます。依頼人不在のまま書面が完成するようなことはありません。依頼人の思いを最大限に込めた最高の文書を作成いたします。書面の作成はプロにお任せ下さい。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

養育費(減額)申立は、過去に遡って申立できますか 2

恋愛・男女関係 離婚問題 2012/08/04 17:07

上記タイトルで一度質問させて頂いたirohaと申します。
夫に履行勧告が届いています。

上記タイトルの質問時 "以前夫は養育費(減額)申立を行いました(弁護士さん… [続きを読む]

irohaさん (大阪府/39歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

9月で別居一年 らんらんらんさん  2015-08-25 05:14 回答2件
養育費の減額申請 tatti0819さん  2012-05-06 12:59 回答1件
養育費の減額請求について pyontaさん  2008-06-11 02:03 回答1件
夫からの一方的な離婚の申し出 ねえやんさん  2014-08-28 10:43 回答1件
養子にした妻の連れ子との養子縁組の解消 mekemekeさん  2009-03-09 10:00 回答1件