相続手続きと後見人について - 田島 充 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

相続手続きと後見人について

2014/08/13 09:55

 ご質問ありがとうございます。
 遺産相続に関しては様々な不安やお悩みがあると思いますので、少しでもお役に立てればと思います。
 最初に、もし仮に現在質問者様のお父様に後見人をたてておらず、今後たてようかお悩みということであれば、お父様は統合失調症ということですので、法定後見人をたてる必要があると思われます。それによって後見人がお父様の代理人として遺産分割協議書に署名することで、遺産はお父様のものになります。
 まず、相続したお金について後見人をたてているお父様のためにしか使えないのかというご質問ですが、そのようなことはありません。
 民法の859条によると「後見人は、被後見人の財産を管理し、かつ、その財産に関する法律行為について被後見人を代表する。」とあります。
 つまり、今回の場合で考えると、後見人は質問者様のお父様に相続される遺産について管理し、お父様に代わって法律行為を行うことはできますが、その財産を直接お父様のためだけに使わなければならないといわけではありません。
 また、後見人を立てずに、お父様が他界した場合はどうなるかということですが、お父様が他界するとお母様とその子どもである質問者様に遺産が相続されることになります。ただし、基本的には、相続の開始があったことを知ったときから三ヶ月以内に承認又は放棄の手続きを行う必要があります。
 最後にお父様が後見人を立てていない限り、お母様では何も手続きができないのかということに関して、重複する内容もありますがお答えさせていただきます。相続した遺産は基本的にはお父様のものなので、その管理はお父様の後見人が行うことになります。よって、お父様に代わって法律行為を行う権利はお母様ではなく後見人にあると考えられます。しかし、お父様の後見人がお母様との相談の上に法律行為を行うことはできると思いますので、その使い道が直接にお父様のためだけというようにしぼられるわけではありません。
 少しでも質問者様の参考になれば幸いです。

相続手続き
後見
遺産分割
遺産相続
統合失調症

回答専門家

田島 充
田島 充
( 京都府 / 行政書士 )
行政書士四条烏丸法務事務所 所長
075-741-8178
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

京都の頼れる行政書士

元公務員としての経験を活かし、法と行政サービスを織り交ぜ、お客様それぞれに合った柔軟な対応をお約束致します。複雑困難を要する案件は勿論、身近なお困り事に至るまで、全力でサポート致します。是非、初回の無料相談で当事務所の雰囲気を感じて下さい。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

統合失調症の息子が遺産相続するとき

暮らしと法律 民事家事・生活トラブル 2012/07/05 23:57

はじめまして。
どうぞよろしくお願いいたします。

先日、私の祖母が亡くなりました。
旦那である祖父は20年前に他界しており、一人息子である私の父は、統合失調症を患い現在入院中です。
… [続きを読む]

SITUMONさん (愛知県/31歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

高齢のおばを残し嫁が出て行きました なすさん  2012-09-16 20:59 回答1件
土地相続が心配 山田山田さん  2014-10-12 09:15 回答1件
,時効取得で対応できますか egogawadaさん  2013-04-12 14:47 回答1件
共有財産 mikkyさん  2008-09-07 23:50 回答1件