キャッシュフロー分析 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
小林 治行

小林 治行
ファイナンシャルプランナー

1 good

キャッシュフロー分析

2012/07/03 12:15

CFPの小林治行です。

貴方の100歳までの家計キャッシュフローシュミレーションを作成してみました。
その為には色々条件設定が必要ですので、当方で勝手に数値を設定しました。

たとえば、子どもの将来。1子は私立文系、25歳で結婚、200万円の援助。2子は私立理系、
30歳で結婚、200万円の援助。収入は現税引き前で860万円、退職時は1000万円、退職金全産業の平均の倍、2220万円を見込みました。生活費は退職前年300万円、退職後は250万円。退職後無職。65歳から年金支給。ローンは0.875%35年。変動ですから今後金利のアップのリスク含みです。これの返済が年120万円。ローン経費は5%と見込み、共益費・修理積立金に年24万円。

このキャッシュフロー分析によりますと、74歳で金融資産がマイナス、つまり生活が破綻すると出ます。

それでどうするか。
1. 収入を上げる
2. 経費を下げる
資産運用は返って危険です。手を出さぬように。

提案
1. 奥様の就職
2. 貴兄の60歳から5年間を勤務して給与を継続する。
3. 車等の費用は買わない。
4. ローンは後300万円ほど縮小できないか。

以上勝手にぴから家の家計診断を大甘でさせて頂きましたが、単にローンは可能かどうかという判断を求める時、生涯設計を俯瞰しなければ判断できません。

以上ご参考になれば幸いです。

E-mail hk@kobayashi-am.jp
URL http://kobayashi-am.jp

補足

補足しますが、貴兄のローンが無理と言っている訳ではありません。
その対応を今からとる事です。

リスクのことを忘れずに。特に変動ローンのこと。
経済も何時までもこののまま低利と言うことはあり得ません。政府は借金が多額の為低金利を維持したいでしょうが、日本のGDPが改善化の方向になるとマーケットは動き始めます。

本フローには見込んでおりませんが、学資保険や死亡補償の生保の利用も利用価値があります。

シミュレーション
CFP
キャッシュフロー分析
家計診断
家計キャッシュフロー

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

借り入れ3600万は過剰でしょうか

マネー 住宅資金・住宅ローン 2012/07/03 06:05

夫38歳  年収860万(税込み)
妻36歳   専業主婦
子供    2人(8歳、5歳 小・中は公立)
物件価格  4480万円+諸経費
頭金    1200万円
ローン   3… [続きを読む]

ぴからさん (埼玉県/37歳/男性)

このQ&Aの回答

住宅ローンについて 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2012/07/04 09:31

このQ&Aに類似したQ&A

住宅ローン返済に無理はないでしょうか? まーとんさん  2013-08-06 11:00 回答1件
高額なローンを乗り切るには 購入決定済みさん  2009-12-05 03:21 回答3件
借り入れ3600か万は問題ないでしょうか hideさん  2009-07-21 22:28 回答4件
住宅ローンの返済比率が高い umoさん  2008-08-13 10:08 回答3件
住宅ローンについて ひろ24さん  2016-05-22 08:17 回答2件