ペアローンの持ち分について - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

7 good

ペアローンの持ち分について

2012/07/15 09:42

ぺんたごんたさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、
渡辺と申します。

『一般的には育休に入るならパターン2のようにした方が良いのでしょうか。
または、当初考えていたとおり、あまり偏らずパターン1のような配分が理想でしょうか』
につきまして、

住宅ローン控除につきましては、
基本的には所得税額控除となりますので、
ご夫婦各々が所得税額控除受ける場合に、
どのような借入金額の場合が有利になるのかにつきまして、
予め計算したうえで、

ご夫婦各々の借入金額を決定するようにすればよろしいと考えます。

尚、ぺんたごんたさんの場合、
奥様がこれから育休に入ること、
また、職場復帰したあとからの収入も考慮する必要があります。

具体的な金額を提示してアドバイスをしたいところですが、
税額計算を行ったうえでのアドバイスにつきまして、
残念ながら税理士法という法律で禁止されていますので、
できかねます。

決して難しい計算ではありませんので、
ぺんたごんたさんと奥様の源泉徴収票などを見ながら控除額を計算したうえで、
ご夫婦各々の借入金額を決定するようにしていってください。

尚、パターン1につきましては、
奥様の復帰後のことも考慮して、
各々の借入金額を決定していますので、

また、ぺんたごんたさんだけの収入からだけでは、
ローン控除はしきれないと思われますので、
奥様の借入金額もある程度残してある点からも、

パターン1で各々の借入金額を決定していけばよろしいと思われます。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄
http://www.fpreal.jp/

住宅
住宅ローン控除
源泉徴収
ローン控除
住宅ローン

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:3pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

ペアローンの配分について

マネー 住宅資金・住宅ローン 2012/07/02 02:27

住宅購入のため、ペアローンを検討しており、金銭消費貸借契約前ですが配分に悩んでおります。夫婦のスペックとしては
【年収】
私:530万
妻:510万

【物件価格等】
物件価格:5000万強
… [続きを読む]

ぺんたごんたさん (神奈川県/32歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

住宅ローン控除は受けれますか? あきちゃんSPさん  2013-06-03 08:29 回答1件
手取り月収30万での住宅ローンについて veranoさん  2009-03-08 15:10 回答3件
住宅ローンに落ちました。今後が不安です。 sweetpandaさん  2012-09-09 11:38 回答1件
住宅ローンの選定について Rara0812さん  2012-01-18 14:39 回答4件
住宅取得するべきか、迷っております。 ムムムムムさん  2009-02-18 13:05 回答4件