「〇〇専門家が良い」とは言いにくい面があります - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:事業再生と承継・M&A

工藤 英一

工藤 英一
経営コンサルタント

2 good

「〇〇専門家が良い」とは言いにくい面があります

2012/06/26 11:16

1.専門家の個人差もあります

中小企業診断士、公認会計士、税理士共に事業評価をおこないますが、多少視点に違いがあると思います。
また、専門家の個人差も大きいと思いますので、一概に、「〇〇士が最適にやってくれる」とは言いにくいです。たとえば、東商M&Aサポートシステムでも、診断士と会計士の2つの分野の専門家が相談にあたっています。



2.3つの視点からの評価と適任があります

一般的に、買い取りの判断をするのに、1)財務会計、2)ビジネス、3)法務の三つの視点から見ていきます。

1)「財務会計」では、売上高と経常利益(営業利益)から、収益性のある事業であるか、また、負債の全容を明らかにします。この分野では、公認会計士や税理士が適任です。

2)「ビジネス」の観点からは、事業の強み、弱み、機会、脅威(SWOT)をみて、ブランドや優良な取引先などの資産があるか、優秀な人材の育成ができ将来性があるかなどをみます。この分野では、診断士が適任です。

3)「法務」では、法的な問題を見ます。この分野では、弁護士が適任です。

診断士は、現場から企業の可能性を見てけていく視点、公認会計士と税理士は、財務からの視点が強いと思います。また、公的な説得力のある評価作成では、公認会計士が良いと思います。



3.フットワークの良い専門家が良いと思います

先に話しましたように、東京商工会議所であれば東商M&Aサポートシステムがあります。
http://www.tokyo-cci.or.jp/soudan/manda/mandasummary/
ここでは、診断士と会計士が相談にあたっていますので、話してみると良いと思います。

もし私が自社を売却するのであれば、公認会計士で、中小企業の現場も見て回っているようなフットワークの良い方を探します。その上で、必要と感じたら、診断士に事業評価を深くやっていただきます。



4.分かるまで聞きましょう

そのほかにも多くの民間企業でもデューデリをやっていますが、まず最初は、商工会議所のM&A相談窓口にいって、わからないことは何度でも聴いてみるのが良いかと思います。

難しい専門用語や一般的な視点と違うところがありますので、分かるまで、納得できるまでしつこく聞くことをお勧めします。
自分の事業の価値を他人に伝える大切な機会ですので。




by Qualia-Partners(工藤英一)  

中小企業
M&A
価値
売却
評価

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

小規模企業の価値評価について

法人・ビジネス 事業再生と承継・M&A 2012/06/25 19:51

よろしくお願いします。

小さな企業(個人事業:売上5000万円規模)を営んでおります。
近々に、同業種(相手も個人事業:売上3億円規模)との合併を予定しております。
合併といってもこち… [続きを読む]

経営初心者さん (東京都/46歳/男性)

このQ&Aの回答

こんにちは 角田 壮平(税理士) 2012/06/29 11:36

このQ&Aに類似したQ&A

債務超過の解消方法 ruisさん  2008-11-13 10:50 回答1件
廃業手続きについて 虎の巻さん  2014-06-14 15:08 回答2件
父の経営していた休眠会社の整理 ゴリーマンさん  2013-02-19 09:42 回答1件
親の個人事業の継承の仕方について クーちゃんさん  2007-07-27 20:18 回答2件
株式会社消滅の後始末について まこまこまさん  2013-07-10 20:57 回答1件