あると言えばありますが・・・ - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
佐藤 正人

佐藤 正人
企業再生コンサルタント

- good

あると言えばありますが・・・

2012/10/01 10:57

株主とは会社に対する出資者という位置付けになり、出資者の権利を守り、より多くの配当を得られるような「アドバイザリーサービス」ということになるのでしょう。
株主が本来得られるべき配当が得られない場合、権利行使を助言するのは「弁護士」、配当可能額を算出するのは「会計士」というところですが、複雑な問題がなければ顧問税理士に聞けば教えてくれますし、会社法を調べればご自身でも可能です。
金額が大きい株主の場合、顧問サービスをしているかどうかは別にして「機関投資家」がそれにあたり「もの言う株主」として経営者(取締役会)に要求することもあります。
そういった意味では「株主視点の顧問サービス」は機関投資家の中でも「投資ファンド」が実施している可能性もあるでしょう。
また、株主の権利保護という意味では、大手のコンサルタント会社や会計事務所でも顧問サービスといった機能を持っています。

コンサルタント
顧問税理士
ファンド
投資

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

株主視点の顧問

法人・ビジネス 事業再生と承継・M&A 2012/05/22 21:56

株主視点の顧問サービスが存在するのでしょうか。

171さん (東京都/22歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

休眠状態の株式会社の解散 秋彦さん  2011-12-29 22:40 回答1件
債務超過の解消方法 ruisさん  2008-11-13 10:50 回答1件
息子を後継者とするに辺り、社内に向けて行うべき事 専門家プロファイルさん  2008-09-25 14:47 回答9件
休眠会社を新規事業の母体とするメリットはあるか? 専門家プロファイルさん  2008-04-24 11:32 回答1件