保険はまず「保険」として考えるべき - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
渡辺 美晴

渡辺 美晴
保険アドバイザー

- good

保険はまず「保険」として考えるべき

2012/05/18 18:58
(
5.0
)

こんにちは
保険アドバイザーの渡邊です。
http://www.work-sol.com


私もこの商品はたまに進めます。
ただ、個人の方に貯蓄として解約前提で進めることは一切ありません。
一生涯をカバーできる死亡保障が欲しいが、同時に保険料も節約したいという場合に、終身保険の代りとして提案する程度です。法人向けでも低解約期間はリスクとなりますので特殊なケースのみお勧めするのが一般的です。

一方、保険として考えると、低解約返戻期間が長いほど、保険料を安くできますので終身保険の代わりに検討するにはお勧めの商品です。100歳以上生きる方もたくさんいらっしゃるので、何ともいえませんが、ほぼ一生涯をカバーできる点は終身保険に次いで安心感があります。60歳程度までを低解約返戻金期間としておけば、60歳以降は返戻金額が逆に高くなりますので、介護や大病などで資金が急に必要になった場合にも活用できると思います。

「66歳で120%貯まるから」ではなく「いまの貨幣価値が66歳まで継続すれば、また、支払いを継続できれば120%という数値が現実になる」とお考えください。

雑な回答で恐縮です。詳細な質問などご相談いただくことも可能です。匿名で構いません。

保険コンサルティングオフィス
有限会社ワークソリューション
代表 渡邊

保険アドバイザー
法人
保障
終身保険
介護

評価・お礼

happy_tomo さん

2012/05/21 11:35

詳しい回答ありがとうございました。

渡辺 美晴

渡辺 美晴

2012/05/21 11:53

評価頂きありがとうございます。
将来予測は様々ですし、リスクのとり方も様々です。
そこが、最終的には自己責任たる所以です。
いろいろな方からいろいろなお話しを聞いてご自身のリスク感覚というものを
身につけると良いと思います。

またいつでもご質問ください。
専門家のみなさん達とともにお待ちしています!

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

低解約返戻金型定期保険について

マネー 保険設計・保険見直し 2012/05/18 14:54

FPから勧められました。
40歳の主人が60歳まで毎月1万円積み立てて60歳以前に解約した場合は元本割れしてしまうのですが、60歳を過ぎると返戻率が120%(66歳の時)以上になるもの… [続きを読む]

happy_tomoさん (埼玉県/38歳/女性)

このQ&Aの回答

保険で貯蓄することに関するリスク 釜口 博(ファイナンシャルプランナー) 2012/05/19 12:20

このQ&Aに類似したQ&A

法人向け保険について らうひんさん  2016-04-05 16:20 回答2件
解約のタイミングについて ラテコさん  2016-01-05 14:29 回答1件
教育資金と保険の見直しについて ゆうちゃんMamaさん  2015-11-15 17:52 回答2件
堂々人生更新期 更新か満了か解約かで迷ってます。 アルシオさん  2015-09-10 13:01 回答1件
日本生命の終身保険(重点保障プラン)について pecopoco55さん  2015-08-01 17:03 回答1件