最初は「お客様が来る」ということが全てです。 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:経営コンサルティング

工藤 英一

工藤 英一
経営コンサルタント

- good

最初は「お客様が来る」ということが全てです。

2012/06/05 11:22

一昨年、30代のママさんが始めたばかりのマッサージ店を応援させていただきました。
今では繁盛店ですが、最初は大変でした。
「マッサージの腕はとてもいいのにほとんどお客様が来ない」という状態だったのです。


1.開業にパパさんは反対

パパさんは開業に反対気味で、「お前なんかにできるのか?失敗するといけないから、お金は出さないから。自分のお金の範囲だけでやりなさい。」といった雰囲気でした。


2.貯金でお店を出したけど、、、

預金でチャレンジショップ制度を利用して、入口が半間ほどのお店を商店街に出したのです。
チラシを1500枚作っては自分でまいて、、、反応ゼロ。
昼は店番、朝と夕方は子供の世話、そして夜中にアルバイト。
何とかお店を続けていましたが、疲れ切っていました。


3.変化が起きたのは、アピールすることを変えてから

1)それまで施術してきた人数や中国で学んできたことなど腕の良さをアピールしてきたのですが、それを「小学生のお子さん3人を育てているママさん」であることに変えたのです。
(アンケート調査の結果をもとに、後輩ママさんたちをお客様にするのが良いことが分かったため)
2)さらに、若い子育てママを応援するという姿勢を前面に打ち出しました。

その上で、小学生のお子さん3人のママであることを唄った「年末子育てママ応援キャンペーン」を打ったのです。
初めて満員になりました。
この後、リピート新商品をだし予約が1ケ月半待ちになったのです。
パパがやっと認めました。



■パパに内緒で始めるのも、お家で始めるのも良いと思います。
ただ、お店を開いただけではお客様は来ません。
どういう方にどうアピールすればいいのかという点を間違えると、せっかくのお店が辛いものとなってしまいます。

最初に、かねこ先生がお店を開いたら、どういった方がどのような点を支持してくれるのかを見つけ出す必要があります。
(お家で開業なので、友人や知人の紹介、チラシや無料誌への広告などをだして、まず、少しずつでもお客様を集める必要があります。)

そして、チラシやHPなどを調整していくことで、やっと、本当のお店のスタートが切れると思います。



by Qualia-Partners 工藤英一
  強みの見つけ方

ショップ
チラシ
マッサージ
預金

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

起業前の不安

法人・ビジネス 経営コンサルティング 2012/05/15 20:49

もしも起業で失敗したらと、起業前から不安になってしまいます。特に、経済面で家庭に悪影響がないといいのですが… 起業というと雑誌広告・ネットバナー広告などの宣伝費に加え、開業費やら雑費が大きくて、スタート時… [続きを読む]

かねこ先生さん (神奈川県/39歳/女性)

このQ&Aの回答

起業は慎重に 岸井 幸生(公認会計士) 2012/05/15 23:47
事業の成功をお祈りいたします。 下村 豊(経営コンサルタント) 2012/05/17 13:33
まずは計画を立ててみましょう。 星 寿美(経営コンサルタント) 2012/05/15 21:13
家族の協力が何よりも必要です 菅原 茂夫(税理士) 2012/05/16 09:00
事業の可能性を見極める簡単な方法 芹澤 比呂也(経営コンサルタント) 2012/05/16 10:47

このQ&Aに類似したQ&A

海外在住で日本の銀行口座を作る ネットショップさん  2015-01-27 19:48 回答2件
小売店で購入した商品のネットでの販売について Rocinantesさん  2011-12-04 02:31 回答1件
ダイエットを用いてのビジネス展開 ハルリンさん  2011-02-06 02:25 回答1件
専門家のアドバイスを、社長に受けさせる方法 専門家プロファイルさん  2009-04-30 19:08 回答6件
商品単価が安い地方の個人商店が生き延びる道 ロロさん  2007-07-06 13:33 回答5件