HPに銅像を載せるときの留意点 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
峯 唯夫

峯 唯夫
弁理士

1 good

HPに銅像を載せるときの留意点

2012/05/08 16:35
(
5.0
)

以下の点をチェックして下さい。

1.銅像に著作権があるか
著作権は著作者(銅像制作者)の死後50年で消滅します。
したがって、死後50年を経過していれば著作権はなく、著作権侵害の問題は発生しません。
なお、著作者の死後」であって「著作物(銅像)の完成後」ではないことに注意して下さい。
桂浜の坂本龍馬像は昭和3年に完成したようなので、
完成からは50年以上経過していますが、死後50年経過しているかは
別途確認が必要です。

2.銅像の設置場所は屋外か屋内か
著作権法では銅像が「公園その他一般公衆に開放されている屋外の場所」に設置されている場合は、原則として自由に利用することができることとされています(著作権法46条)。
但し、複製物の場合はこの規定は適用されません。
桂浜の坂本龍馬像は、著作権があるとしても、この規定により、自由に(HPを含む)利用できます。
銅像が屋内に設置されている場合は、著作権が存続しているならば、無断で利用(HP掲載)すると、著作権侵害(公衆送信権侵害)となります。

3.以上を総合すると、
ア)著作権消滅→使用可能
イ)著作権有り→屋外→使用可能
ウ)著作権有り→屋外(複製物)→使用不可
エ)著作権有り→屋内→使用不可
となります。

4.その他
著作権が消滅していても、お寺の仏像のように「無断撮影禁止」とされている場合があります。撮影禁止の法的な根拠は不明確ですが、このような扱いをされている著作物をHPに利用することは避けた方が安全です。

となります。
となります。

撮影
著作物
著作権
著作者
屋外

評価・お礼

ggg さん

2012/05/08 16:43

峯さま
ご丁寧な回答をありがとうございます。
すごくわかりやすく、助かりました。
ひとつだけ教えてください。
2の「但し、複製物の場合はこの規定は適用されません。」というところが気になったのですが、
「複製物」とは何を差すのでしょうか。
そこを教えていただけないでしょうか。
何卒よろしくお願いいたします。

峯 唯夫

峯 唯夫

2012/05/08 17:04

早速のコメントありがとうございます。

「複製物」について
著作権法46条は「美術の著作物でその原作品」は自由に利用できる、と規定しています。
複製物は屋外に展示されていても自由に利用できないということです。

銅像の場合、型を利用して作るので、同じ型から複数の「本物」(原作品)が作られます。
ロダンの「考える人」は世界に「原作品」が7つあるとのことです。
版画と同じです。

「原作品」というためには、作者(例えばロダン)がその制作に関与している必要があります。関与していなければ「レプリカ」(複製品)です。
本物かレプリカかは管理者に確認しなければ分からないかもしれませんが、
名所になっている銅像や、銅像自体や解説プレートに作者などが記載されているものは「本物」(原作品)と考えてよいだろうと思います。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

HPに銅像を載せるのは、問題ないですか。

法人・ビジネス 特許・商標・著作権 2012/05/08 14:36

ある企業のHPを製作しております。
HPの内容は、企業理念や商品紹介なのですが、
HPの企業理念のページに、歴史上の人物の銅像を入れたいと思っております。
その歴史上の人物のような精… [続きを読む]

gggさん (高知県/42歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

著作権問題 yoshi01さん  2007-08-29 02:16 回答2件
講演会のポスターでのロゴの使用 忙しいようなさん  2014-09-19 23:58 回答1件
イラストを使用したものを無料で配布する行為 motoooneさん  2013-05-01 18:05 回答2件
ブランドロゴの商標権や著作権に関して bluelineさん  2012-02-11 02:09 回答1件