基本は、設計した建築士に説明してもらうのが筋。 - 岩間 隆司 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

基本は、設計した建築士に説明してもらうのが筋。

2012/04/25 10:52
(
5.0
)

malcolm さま
はじめまして
SOCIUS 岩間隆司 ともうします。

推測いたしますに
『納戸』と表記された 部屋は
建築基準法上の 有効な採光面積が確保できなかったのでしょう。

部屋の床面積に対して必要な 有効採光面積は、実際の窓など開口部
の大きさに 建物の高さや隣地からの離れの距離によって算出された
係数によって計算されます。(ちょっと複雑ですので はしょります)

現実的には malcolm さま お感じのように
この『納戸』を洋室(居室)として使用することに、支障はないです。
malcolm さんの自身すまいです。ご自由ですね。

ただ たとえ建売住宅 であったとしても
建築基準法上(建築確認申請上)この部屋が居室扱いでないことは
設計した建築士がキチンと 説明していなくてはいけません。
しっかりとした説明がないから、ギクシャク してしまうわけですし
もしかしたら 建築士法など法令違反にもあたる可能性もあります。

そこの部分は 業者さんに はっきり主張してよいと思います。


ただ 現実的に
購入価格や資産価値に なにか影響するかは、微妙かもしれません。

建築士
建築
採光
住宅
設計

評価・お礼

malcolm さん

2012/04/25 12:49

ご回答有難うございます。
おしゃるようにこれで値引きさせようという考えはないものの、
説明責任や広告上の違反に対する誠意が見られない
ために
何かしら態度を改めさせる対処はないものかと思った次第です。

私自身住宅を購入するのは初めではないですし、
若干不動産の仕事にも関わったこともあり業者側の事情も理解しますが、
ほとんどの購入者は初めての方でしかも高額なものにも関わらず、
このようなミスやトラブルが多すぎる気がしてなりません。

なんとかならないんでしょうかね。

話が少しそれてしまいましたが、丁寧な解説有難うございました。

岩間 隆司

2012/04/25 17:55

malcolm さん
おっしゃるとおり
説明が足りないこと よくあるようです。

たとえ むづかしい専門的な部分であっても
資格を持った建築士が 丁寧にきちんと説明
するべきだと思います。
お医者さんの 治療 と同じでしょう。


よき新生活が 始まりますように。

回答専門家

岩間 隆司
岩間 隆司
( 東京都 / 建築家 )
株式会社ソキウス 代表取締役
03-5735-9700
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

スマートに シンプルに 住う。 都市型住宅・集合住宅

都市の厳しい条件のもとでも、住宅や集合住宅を実現させてきました。住宅計画における制約は、生活空間に個性が生まれる、ひとつの契機として、ポジティブにとらえております。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

居室が実は納戸だった

住宅・不動産 住宅・不動産トラブル 2012/04/25 05:20

建売住宅ですが、ほぼ引渡し前の内覧会時に居室と思っていた部屋の一つが納戸であることが分かりました。

戸建のため売買契約書には4LDKなどの表記はありませんが、購入検討や契約の際にもらっていた販売用… [続きを読む]

malcolmさん (兵庫県/49歳/男性)

このQ&Aの回答

解約する覚悟がないなら、気にしない。 伴場 吉之(建築家) 2012/04/25 14:53
居室か、納戸か 中石 輝(不動産業) 2012/04/25 14:18

このQ&Aに類似したQ&A

着工前の契約解除について taka1971さん  2010-06-28 11:21 回答4件
契約後の契約破棄について にゃんチュさん  2016-10-28 16:34 回答1件
シェアハウスの敷金返却について enatosさん  2013-10-09 13:13 回答1件
位置指定道路の許可、寄付、使用 こまりねこさん  2014-07-29 16:20 回答2件
引渡延期による損害賠償について くりかめさん  2013-09-06 17:37 回答2件